誰にでも「もらって嬉しい」と思われるものをあげるコツ【クリスマスギフト事情】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスが近づいてきました。……ということで、嫌でも気になってくるのが(?)、“ギフト”事情。『ザ・ボディショップ』がクリスマスギフトシーズンの訪れを前に、10代~40代の男女に行った意識調査では、ギフトに厳しい女性の本音が明らかになりました。

 

調査結果によると、「ギフトをもらった時、内心ガッカリしてしまったことがある」という質問に、男性の28.3%、女性の55.0%が「当てはまる」と回答。

女性に至っては、なんと過半数の方が、「ギフトをもらって内心ガッカリしたことがある」と答えています。

男性よりも、プレゼントを送ったり、もらい慣れている、いわば“ギフト慣れ”している女性は、男性からいただくプレゼントへ向ける目もシビアなようですね。

また、「今年誰かにクリスマスプレゼントをあげる予定がある」と回答している方の中で、8 割以上の人が「今年のクリスマスプレゼントを何にするか迷っている」と答えたのも、仕方がないことかもしれません。

 

でも、せっかくギフトを贈るなら、相手の喜ぶ顔が見たいものです。どうすれば、ギフトを目いっぱい喜んでもらえる率がアップするのでしょうか?

「メッセージやラッピングなど、ひと手間加えてあるギフトは、していないギフトに比べて嬉しさが何%アップしますか?」という質問には、全体平均で34.1%アップ(男性平均31.2%、女性平均37.1%)との結果が出ています。

つまり、同じギフトでも、ひと手間を加えるだけで嬉しさの度合いは、3割増! 相手の感じる喜び方も大きく変わってくるようです。

自分の状況を理解し、応援してくれるようなメッセージカードのついたギフトをいただくととても嬉しいですよね。

私も誰かにギフトを贈るときには、手書きのメッセージやシールなどでアレンジしたカードを添えるように心がけていますが、最近、相手が贈られたギフトを見るときよりも、メッセージカードに目を落としているときのほうがずっと嬉しそうな顔をしていて、こちらも幸せな気持ちになりました。

 

次回の記事では、“ギフト力”の高そうな有名人や、ギフトにおすすめな美容アイテムの選び方をお伝えしますね。お楽しみに!

 

【クリスマスギフト事情】

誰にでも「もらって嬉しい」と思われるものをあげるコツ

「喜ばれる贈り物ができる有名人」はベッキーと石田純一!

「リア充」はプレゼントをあげる能力も高いことが明らかに

相手に喜ばれる「美容グッズ」をプレゼントするコツ3つ

 

【参考】

※ 調査概要:ギフトに関する意識調査、調査主体 :ザ・ボディショップ、調査方法 :アンケート調査(インターネット調査による)、調査期間 :2011 年10 月28 日(金)~10 月30 日(日)、調査対象 :全国の10 代、20 代、30 代、40 代の男女、回答人数 :男性400 名、女性400 名

THE BODY SHOP ザ・ボディショップ