たったこれだけ!? トラブル肌でも劇的に透明感を出す裏技【アンチエイジング特集】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性なら誰しも、透明感のある白い肌に憧れますよね。しかし、朝から晩まで働いていると、顔色が悪くなったり、ストレスで疲れた顔になったりして、なかなかトラブルのない肌をキープするのは難しいものではないでしょうか。

そうやって忙しいことを理由にして肌ケアがおろそかになってしまうと、歳をとったときにシミやくすみなどで悩んでしまいます。

そうなる前に、やはり今のうちから透明肌を作っておくことが重要です。それはちょっとしたコツを取り入れるだけで時間がなくても簡単に作れちゃいます。

そこで今回は、働く女性が意外と知らない“肌に透明感を出すコツ”をお伝えします。

 

まずは、仕事の疲れを取るために顔をもみほぐすように簡単なマッサージをしてください。マッサージは、朝と晩とともに行うことが理想的です。

一日1回でも良いですが、メイクのノリをよくしたいのであれば朝しっかり行い、日中のダメージをケアしたい時は夜に行うことをオススメします。

時間がない時は「実質0円!化粧品の浸透を高める10秒テクニック」でお伝えしているようなハンドプレスでもOKですよ。

ちょっと余裕がある時は、「たった1分でケアできちゃう!くすみ一掃&透明感アップできる時短マッサージ」「「手」は美容器にまさる?メイクさん直伝ハンドテク3つ」で紹介しているマッサージをしっかりしてみてくださいね。

お風呂では、「手軽で簡単!お風呂でできる血行不良の肌を卒業する方法」にもある、“顔や肩、頭にホットタオルを巻く”ようにするのも効果的です。

マッサージをすると栄養を吸収する力が強くなるので、その後は美容成分のグリチルリチン酸、リン酸アルコルビルなどが高濃度で配合された美容液を使うようにしてみてください。

 

例えば、最近口コミで人気の美溶液だと『ボア・リジェール ホワイティメラニスト』などがあります。これは、美肌研究家の森田宏美さんが、小学校時代からソバカス、にきびなどの肌のトラブルに絶えず悩んでいた体験をもとにプロデュースされたそうです。

森田さんに詳しい話をお伺いしてみたところ、肌に優しい自然素材だけを厳選した美容成分のみの美容液にするために、テクスチャーが良くなるためだけに使用する増粘剤は一切使っていないとのこと。

肌に優しいだけでなく、朝使ってから夜に顔を洗うまで乾燥を感じないものにするために、試作は160種以上重ねられたそうです。

さらに、使用している水は、ミネラル分豊富な霊峰・白山の伏流水。それを無菌化し、特許取得イオン水にすることで、肌の深層部まで栄養分が届くよう配慮されたのだとか。

また、“美白に効果的な水溶性ビタミンC”を配合しているので、シミやくすみにとても有効。使用すると、肌がつるつるしっとりした質感を感じることができます。

 

私はこれまで、ビューティコーディネーターとして色々な美容液を使用してきましたが、どれも肌がパリパリして違和感があり、逆に乾燥してしまいそうな気がして長く愛用できないものばかりでした。

しかしこれは、一年以上続けて違和感なく使えています。この美容液は乾燥も気にならない上に、しっかり透明感を出るので、とても満足できる美容液なのです。

無香料・無着色・ノンアルコール仕上げなので、肌が弱くて新しい美溶液に挑戦できない人も是非どうぞ。

使い方は、気になる部分へ1~2滴つけるだけ。顔全体では4~5滴が目安に。こちらの美容液が気になる方は、スワン株式会社のサイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。

嬉しいことに『ボア・リジェール ホワイティメラニスト』の開発者・森田宏美さんから、美レンジャー読者限定のお得なクーポンを頂いたので、購入時には下記番号を入力してみてくださいね!

クーポン番号:111209

これを入力すると、お買い得価格になるとのこと。今から肌に透明感を出したい方は要チェックですね。

 

【アンチエイジング特集】

0. イントロ

1. しみ

2. しわ(首・目尻)

3. 目元のくま

4. 顔のくすみ

5. ほうれい線

6. たるみ・毛穴

7. 顎のたるみ

8. 抜け毛

9. 垂れ尻

 

【参考】

ボアリジェール ホワイティメラニスト V6 :: 敏感肌の女性が開発した薬用美白化粧品 – ボアリジェール 公式サイト