アメリカで医者が患者に勧めているサプリ1位は●●!【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サプリ先進国アメリカでは、実際にサプリメントが病院の薬と一緒に処方されていることでも有名。

しかし、治療効果を高めるためにどんな成分が有効なのかは、日本では薬事法の絡みもあり明らかにされていないので、自分で判断して選ぶことしかできません。

悩みや治療内容は人それぞれ異なるにせよ、例えば皮膚科医が選び勧めているサプリなど、美肌のためにも気になりますよね!

そこで、今回アメリカの調査で行われた“専門科ごとに提案しているサプリTOP3”を健康産業新聞からご紹介します。

米国RCN研究班による循環器科、皮膚科、整形外科の専門医各300名、合計900名を対象にしたサプリメントの実態調査によると、その7割程度がサプリメント利用者で、患者さんにも診療内容に応じてサプリメントを提案していることがわかりました。

 

「どんなサプリメントを提案しているか」という質問に対して、トータル的に見ると最も多かった回答はマルチビタミン

マルチビタミンは、基本のサプリメントともいえる存在です。どんなたくさんの成分を摂取しても土台が出来ていないと効果を発揮できません。

そういう意味でも、マルチビタミンは必要不可欠なんです。次いでオメガ3脂肪酸(DHAなど)、ハーブ系のサプリが続くという結果になりました。

科毎に見てみると、循環器医は“循環器の健康維持”や“コレステロールの低減”を目的とし、皮膚科では“皮膚、髪の毛、爪に有用”、整形外科医では“関節・骨の維持”への治療の際に、サプリメントを提案し、実際に患者さんに薬と合わせて処方しているそう。

それらの悩みに有効なサプリメントが、下記に挙げられているような成分だと言えそうです。

 

■医師が患者に紹介するサプリメント成分TOP3

・循環器内科 (患者さんにサプリメントについて話すという回答=300人中288人)

1位:オメガ-3/魚油・・・80%

2位:コエンザイムQ10・・・58%

3位:ビタミンE・・・39%

・皮膚科医 (患者さんにサプリメントについて話すという回答=300人中266人)

1位:ビタミンE・・・45%

2位:ビタミンD・・・42%

3位:オメガ-3/魚油・・・41%

・整形外科医 (患者さんにサプリメントについて話すという回答=300人中290人)

1位:グルコサミン/コンドロイチン・・・86%

2位:カルシウム・・・63%

3位:ビタミンD・・・43%

肌に良いサプリメントといえば、ビタミンCやコラーゲンというイメージ。

しかし、上記のデータではビタミンEやビタミンD、オメガ3が上位だったという結果は、意外だったのではないでしょうか?

次回は上記に挙がったサプリメントの実際の効果をご紹介します!

 

【参考】

『健康産業新聞』 第1415号 2011年12月7日 UBMジャパン・グループ