知りたい!実年齢より「若く見られる」人の秘密って?【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事では、株式会社メディアインタラクティブが30~40代女性600名を対象に行った「美容に関する意識調査」のデータをご紹介しながら、美しい30~40代女性が増えている秘密について探りました。

【後編】では引き続き、若さのポイントである“美肌”を保つためのスキンケアに注目していきたいと思います!

 

83.8%もの人が「年齢より若く見られることがある」と答え、「年齢より若く見られる人の特徴」として半数近い48.2%の人が「肌がきれいだから」と答えた、今回の調査。具体的なスキンケアについてもさらに掘り下げています。

まず、アンチエイジングに重要なポイントについて聞いたところ、2位のリフトアップを大きく引き離して、保湿が1位となりました。

Q.アンチエイジングに重要なポイントは、どれだと思いますか?

1位 保湿 88.2%

2位 リフトアップ 52.2%

3位 美白 45.3%

4位 毛穴対策 43.3%

5位 その他 1.2%

さらに、20代のころと比べて感じる肌の変化として、過半数の50.2%の人が「乾燥するようになった」と回答。

「肌が乾燥していると感じる人」は91.8%、「現在自分がしているスキンケアでは、保湿力が物足りないと感じている人」は81.0%と、それぞれ高い数字に上っています。実際に肌の乾燥を感じている人が非常に多いことが伺えます。

それでは、保湿のために何か特別な対策をしている人は多いのでしょうか?

「保湿のためにしているスペシャルケアや使用アイテム」に関する質問への答えは、以下のような結果に。

Q.保湿のためにしているスペシャルケアや、使用アイテムがあれば教えてください。

1位 特になし(洗顔・化粧水・乳液のみ) 42.0%

2位 フェイスマスク、パック、ローションパックなどパック効果のあるもの 36.2%

3位 美容液 32.8%

4位 マッサージ 12.3%

5位 ブースター(導入化粧品) 6.3%

6位 その他 4.3%

意外なことに、「特になし」と答えた人が42.0%と最も高い数字を示したのです! 保湿の重要性を実感しているにもかかわらず、多くの人が自分に合ったスキンケアを実践できていない現状が浮き彫りになりました。

 

■乾燥を感じる30~40代におすすめのアイテムは“ブースター(導入化粧品)”!

「しっかりお手入れしているつもりなのに肌の乾燥が改善されない」と感じている30~40代女性におすすめなのは、化粧水の前に使う“ブースター(導入化粧品)”です。

ブースターとは、いわば化粧水の前につける“下地”のようなもの。空気の乾燥や紫外線ダメージ、お手入れ不足などによって角質層が厚くなっていると、化粧水がスムーズに浸透することができません。

まずは、ゴワついた肌をほぐすことが先決! ブースターでたっぷり潤いを与えて柔らかな肌に整えることで、その後に使う基礎化粧品の浸透力がぐんと高まります。

調査結果を見るとブースターの使用率は6.3%とまだまだ低いのが現状ですが、いつものスキンケアにひと手間を加えるだけで、化粧水の入り方が格段に違ってきますよ。

“美肌”をさらに追求することで、今よりも美しくなる30~40代の女性がまだまだ増えるのではないでしょうか?

 

 

【あわせて読みたい】

美白力がとにかくスゴイ!美容のプロ1万人が認めた美容液とは