生活の質を落とさずにお金が貯まる!最強の節約テク【食事編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「給料前だからピンチー!」とか、「昨日お金おろしたのにお財布の中にお金がない……。何に使ったっけ?」という経験ありませんか?

そんな悩みを持つ方に簡単に節約出来ちゃうテクニックをお教えしちゃいます。ちなみに節約って、ケチケチしたり、ひたすら我慢したりするということじゃないのです。

生活の質を落とすのではなく、賢くお金を使って日々の無駄を取り除いて、“お金を貯めて好きなことをしてより楽しい生活にしちゃおう!”ということです。

また、収入の違いで節約が出来ないなんてことはないのです。「貯金なんて私には無理!」というそもそもの考えが貯金を出来なくさせているんですよ。

日常ですぐ取り入れられる節約テクニックを、食事編と室内編に分けてお話したいと思います。今回は、食費の節約についてご紹介します。

 

■食事編

食材を買いに行くときに、ついつい無駄なものまで買ってしまったり、まだ冷蔵庫に残ってるのに同じ食材を買ってしまったりしたことはありませんか? こんな無駄遣いをしないために注意したいポイントがあります。

まず、美味しいものがたくさんありふれている空間なのでお腹が空いている時は行くのを避けましょう。空腹時や疲れている時は、ついつい甘いものが欲しくなったりすぐ食べられるものを買ってしまいがちです。少しお腹を満たした状態で行くことが大切ですよ。

無駄買いをなくすために、月の食費の予算をなんとなくでも良いので決めておきましょう。例えば食費を月3万円で押さえたいのであれば、一週間6千円くらいで自炊のやりくりをするように心がけること。

そうすると買い物行くときも予算額だけ持って行って考えて購入するクセを作ることができるのでオススメですよ。

また、同じようなものをつい買ってしまう方。まず買い物する前に冷蔵庫の整理をしましょう。冷蔵庫や冷凍庫がゴチャゴチャしていると二重買いの原因になってしまいます。

さらに、冷蔵庫がパンパンだと温度を上昇させてしまい消費電力もかさんでしまうのです。中を見やすく、把握できる範囲の量を入れておくようにしましょう。

そして、食品を残さず使い切ること。冷蔵庫の中にある食材を使って何を作れるか考えてみましょう。残った野菜でささっと作れる料理美人は、男性にとっても好印象ですよ!

 

いかがでしたか? 次回は、生活をしていく上で取り入れられるテクニックをご紹介したいと思いますのでお楽しみに!