これこそ最強の裏技!世界の「風邪対策ドリンク」まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪やインフルエンザが流行する季節になりました。風邪対策は万全ですか? 最近の風邪はグズグズ長引くタイプが多く、ひき始めに対策をとっておかないと、こじらせて長期化しかねません。

そこで今回は、世界の知恵が詰まった最強“風邪対策ドリンク”たちをご紹介します!

まずはその前に、通常の風邪の治し方をおさらいしておきましょう。

 

■一般的な風邪の治し方3つ

1. 安静にする → 体力を温存することが大切!

2. 乾燥を防ぐ → 部屋の温度は20~25度をキープ。加湿器で湿度を保ちます

3. 栄養を摂る → 水分に加え、ビタミンC・ビタミンB群などをしっかり摂ります

次に、これらの基本を抑えつつ、寝る前などに風邪対策ドリンクを飲んでみましょう。

 

■イギリス・北欧・日本式 【たまご酒】

昔から民間療法として親しまれていた卵酒。なんとイギリスや北欧でも、お酒+生卵で飲む風邪対策ドリンクが主流なのです。

卵は栄養価が高い上、ビタミンB2が豊富。お酒は身体をあたため、吸収が早いため、身体を温めてくれます。

[材料]

・酒・・・100ml

・卵・・・Mサイズ1個

お酒100mlに卵と好みで砂糖を加え、弱火にかければできあがり!

 

■中国式 【しょうが湯】

最近注目されているしょうがですが、しょうがは古くから漢方で“温剤”と呼ばれ、民間療法にも利用されていました。身体をあたため、消化を助ける上、吐き気を抑える作用もあります。

[材料]

・お湯・・・200ml

・しょうが・・・1片(なければチューブタイプでも可)

・蜂蜜・・・大さじ1杯

すりおろしたしょうがと蜂蜜をカップに入れ、お湯をそそいで混ぜれば完成!

 

■韓国式 【スタミナ湯】

韓国料理にも多く使われる、ネギやニンニク。強精作用がある上、ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復にも役立つとされています。

[材料]

・ネギ・・・適量

・ニンニク・・・1片(なければチューブタイプでも可)

・味噌・・・適量

みじん切りしたネギ・ニンニクをカップ入れ、お湯を注いで味噌で調味すれば完成!

 

やっぱり風邪は、ちょっとでも「風邪かな?」と思ったら、すぐに対策をするのがポイントです。この3種類なら個性もそれぞれなので、飽きずに飲めそうですね!

どれも簡単に作れるので、是非お試しを!

 

【風邪シリーズ】

えー!信じられない…意外すぎる風邪の「早期回復」方法

ベストはどれ?覚えておきたい「風邪薬を選ぶコツ」6つ

なんと飲むだけで予防に!「風邪に効くハーブティー」ベスト5

これで冬を乗り切れる!風邪知らずの体を作るテク3つ