実は点滴と同じ効果がある!? 甘酒パワーの全貌を徹底解説

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝晩が、めっきり寒くなってきました。身体の芯まで冷えるこの季節は、温かい飲み物でホッと一息したくなりますよね。そんな冬には欠かせない“温かい飲み物”に、美容効果も含まれていたらもっと飲みたくなりませんか?

実は、一石二鳥も三鳥も嬉しい効果が含まれた飲み物があります。それはなんと、あの“甘酒”!

甘酒というと特別な日に飲むイメージですが、日本最大級といわれているコナミスポーツクラブで特集記事が掲載されたり、フジテレビの『とくダネ!』で紹介されたりと、注目を集めているのです。

今回はそんな、健康や美容に敏感な方たちの間で密かなブームになりつつある甘酒の、驚くべき美容効果に迫ります!

 

天然のマルチビタミン豊富な“栄養ドリンク”

まず、甘酒効果の説明をする前に、甘酒に含まれる栄養成分についてお話しします。甘酒は米麹を発酵させた飲み物で、納豆や醤油と同じ“発酵食品”として昔から日本で愛されています。

米麹は、発酵するときにビタミンB1、B2、B6、パントテン酸(ビタミンB5)、ビオチンなど“天然型吸収ビタミン群”が作られ、蓄積され、それが甘酒となります。

こうしてできた甘酒には、人間に必要なほぼ全ての栄養が入っていて、成分が点滴と非常によく似ています。点滴は主に栄養補給で使用されるため、これと同じ成分が入った甘酒も疲労回復にもってこいの飲み物なのです!

 

甘酒はダイエットにも効果的だった!?

甘酒には、天然のマルチビタミンが入っていて疲労回復効果があるだけでなく、“ダイエット”に効果的な成分も含まれています! その成分は、以下のふたつ。

1. ブドウ糖・・・ブドウ糖は少量で血糖値を上げることができます。ご飯の前に飲むことで、満腹中枢が刺激されて暴飲暴食を防ぐことができます。

2. 酵素・・・甘酒の中には、リパーゼという脂肪を分解する酵素が含まれているため、脂肪燃焼が期待できます!

もちろん飲み過ぎはNGですが、食事制限などの辛いダイエットが苦手な方は砂糖たっぷりの飲み物の代わりに、甘酒を飲むようにしてみてはいかがでしょうか。

 

■甘酒は塗っても効果が期待できる!

ちなみに甘酒は飲むだけでなく、塗っても効果が得られます! 以下から、甘酒に入っている美肌に良い成分をふたつご紹介します。

1. ビタミンB2、B6・・・保湿効果があるのでお肌にハリが出ます。

2. コウジ酸・・・メラニンの生成を抑える働きがあります。また、継続的に使用するとシミを薄くすることができるようです。これについては、衣理クリニックのサイトで、

「コウジ酸を平均18カ月ぐらいの期間使用すると88%の人のシミがある程度薄くなるという実験結果が出ている」

と書かれています。ずっと使うとシミ対策になるなんて、嬉しいですよね。なので、お手持ちの美容液に少量の甘酒をプラスして、保湿や美白効果をアップさせてみてはいかがでしょうか。

 

甘酒を日常生活に取り入れるだけで、疲労回復も美白もダイエットも同時に手に入れられるなんて、ビックリですよね! スーパーで安く手に入るものなので、買い物の時にはぜひ甘酒のことを思い出してみてくださいね。

 

【参考】

とくダネ! – フジテレビ

※ 衣理クリニック表参道 – 美容皮膚科・アンチエイジング