ちょっと簡単すぎる?驚くほど手軽な「口臭を防ぐ方法」【美容食特集】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月から美レンジャーでは2ヶ月にわたり、美容食について特集していきます。案内人は野菜ソムリエの資格を持つガルシェフ(ガールズシェフ)の高木ゑみです。どうぞよろしくお願いいたします!

本日は美容食特集最後の記事、“口臭”について特集します。

「芸能人は歯が命」と言われる位、とびっきりの笑顔に綺麗な歯は大きな印象を与えます。ただ、歯並びの矯正をし、ホワイトニングをして見た目が綺麗でも、息が臭かったら美人は台なし。

あなたはお口のケアをしていますか?

お腹が空いている時にニンニクの香りを嗅ぐと、つい食べたい意識に駆られますよね。でも食べてしまうと暫くの間、お口が臭ってしまうと誰もが躊躇した経験もあるのではないでしょうか。

口臭を引き起こしてしまう食材としては、ニンニクや玉ねぎ、納豆などがよく知られていますが、実はもっとも身近に口にしているある飲み物も、口臭を促進しているのです。

 

■コーヒーは口臭を促進する

意外な飲み物とは、コーヒーなのです。街中では至る所にコーヒーショップが立ち並び、マイタンブラーやカップを持ち歩いている方も多いことでしょう。

通勤やお昼休み、会社内やブレイクタイムなどに欠かせないコーヒーが口臭を促進しているなんて、大ショック!

その理由は、コーヒーにはpHバランスを低下させてしまう作用があるからなのです。つまり、コーヒーを飲みすぎることで唾液の分泌が抑えられてしまって口臭が促進されやすくなります。

また、コーヒーに入れるミルクや砂糖も要注意です。これらがコーヒーと合わさると、口腔内に残ってしまいます。さらに、ミルクや砂糖が分解されることによっても、口臭につながってしまうのです。

 

■コーヒーから起こる口臭の予防法は?

口臭は気になるけれど、朝やブレイクタイム、食後にコーヒーを欠かすことができないと言う方には、コーヒーを飲んだ後に、直ちに水を飲むことをオススメします。

舌に残った残留物を洗い流し、臭いの原因を取り除くことが大事なのです。コーヒー砂糖やミルクを加える方は、ガムを噛んで唾液の分泌を促したり、口臭を抑えるツボを押したりしてみるだけで違いますよ。

 

口臭予防に効果的な食材

他には、以下のような食べ物を摂るだけでも口臭を防ぐことができます。

1. 梅干orレモン

これらの酸っぱいものを見るだけでも、口の中に唾液が溢れ出てきますよね?
 この溢れ出た唾液が、ガムと同じく、口臭予防に重要な役割をするのです。

2. パセリ

パセリの成分ピネンは消臭作用をもち、口臭予防に向いた食材です。ガーリックライスやガーリックステーキなどにも付け合せで添えてありませんか? 彩色・飾りということもありますが、あれらは理にかなった付け合せだと思います。

最後にはパセリをかじってお口の中をサッパリさせましょう。

3. レタス

食物繊維を多く含むので、便秘に良いということで有名なレタス。実は歯茎のトラブルも防ぎます。食物繊維は、口臭予防をもつ栄養素、レタス以外にもお食事の際は意識的に繊維質が多い食材を選ぶことが、口臭対策につながります。

 

■日常で出来る簡単な方法

冒頭で挙げたようなニンニクや玉ねぎなどの口臭を促進するものを食べたからといって、それらの臭いは病的なものではありません。時間が経てば、口や胃の中から自然と臭いのもとは消えてきます。

さきほど梅干しやレモンで述べましたが、唾液をたくさん出すことが重要。食べ物をよく噛んで、なるべく多く唾液を分泌させることで、口臭を軽減することができます。

 

秋には美味しい旬の食べ物がたくさんあり、誘惑の多い季節。これから12月になると、飲み会も増えることでしょう。うっかり口臭チェックを怠って周りの人に気を遣わせてしまわないように、しっかり口臭予防して楽しく飲んでくださいね!

 

【美容食特集】

0. 美の本質

1. 冷え性(前編後編

2. 肌荒れ

3. 生理不順

4. 生活習慣病

5. ポッコリお腹

6. むくみ

7. 便秘

8. 貧血

9. 過食

10. パサ髪

11. 口臭