これはヤバイ…意外と知られていない化粧品の消費期限

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買った化粧品は、購入したシーズンで全て使い切るという人は意外と少ないもの。季節ごとにスキンケアやメイクを使い分けている人ほど、全て使いきる前に別のアイテムにスイッチしているのではないでしょうか?

そして、またシーズンが到来した際に、ゴソゴソと保管しておいたものを掘り出して、再び使いはじめようとすると「あれ? この化粧水ってまだ使っていいのかな?」と少し不安に感じてしまいますよね。

化粧品は食べ物の賞味期限のように、必ずしも明記されているわけではないので、“いつまで使っていいか”を知るためのボーターラインが曖昧です。

しかし、化粧品にもちゃんと消費期限があるのです。そしてこの消費期限を無視して使い続けることで、肌トラブルの原因にもなり得るのです。自分の肌を守るためにも、化粧品の消費期限の知識を早速身につけましょう!

 

スキンケア商品は開封したシーズンで使い切るのがベスト

スキンケアとメイクでは少し消費期限にも差があります。液体であるスキンケア商品はメイクよりもより消費期限が早いものが多いのです。

実は薬事法において、『製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品』は使用期限を明記することが義務付けられています。

しかし、消費期限が明記されていないからといって、3年以上使うことはオススメできません。一度開封すると空気に触れて酸化するため劣化してしまい、肌にトラブルを招いてしまう可能性があるのです。

未使用の場合であっても、成分によっては分離や沈下してしまう場合もあり、また完全密閉できているように見えて酸化が進むことや高温多湿の場所で長期間保管することでダメージを受けている場合があるため、購入後できるだけ早い段階で使いましょう。

購入したシーズン中がベストですが、遅くとも1年以内には使い切る方が安心して使えます。

 

無添加スキンケアは、特に注意が必要!

敏感肌向けの商品などに多く記載されている『無添加』や『防腐剤フリー』といった言葉。こちらが記載されている商品については、より注意が必要となります。

文字通り、劣化を防ぐ成分が入っていないため、より使用期限が短くなります。

しかし、ほとんどのスキンケア商品が一度に使う量から使用期間を計算されているため『1ヶ月以内に使い切らなければいけない!』と焦るほどのものは少ないので、他の商品と同様、こちらも開封したらそのシーズンで使い切るように心掛けましょう。

 

メイクアイテムは、きっちり蓋をして保管する!

スキンケアに比べ、メイクの方が基本的には長持ちしやすいですが、新品時の使用感や発色など、機能をキープさせるためには、やはり期間を意識した方が良いのです。

マスカラやベースメイクなど水気があるものについては、きっちり蓋をしておかないと、硬くなり、伸びが悪くなることも。

また劣化が進む原因にもなるため、蓋は使用後毎回しっかり閉めましょう。ベースメイクなど直接肌に付けるものは、メイクアイテムとはいえ、スキンケアと同様に開封したシーズンから1年以内に使い切ることがオススメ。

それ以外のアイテムについても、保管環境を確認しながら、遅くとも3年以内を目安にした方が本来商品が持つ機能を損なわずに使用することが出来ます。

 

「この化粧品まだ使っていていいのかな?」と感じたら、“開封した時期”、“保管状態”、“商品成分”に加え、使用感が当初から変化がないか、などを確認して使用しましょう。

せっかくキレイになるための化粧品だけあって、逆効果の使い方は避けたいものです。

 

【参考】

※ 東京都福祉保健局『薬事法における化粧品の表示』