なんと飲むだけで予防に!「風邪に効くハーブティー」ベスト5

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌寒い季節になってきましたね。ぞくぞくっと悪寒がしたりなんとなく体がだるかったりしていませんか?

そんな人は風邪のひき始めかもしれません。働く女性にとって風邪なんて引いている場合ではないですよね、早めのケアで風邪を予防していきましょう!

というわけで冷える季節に嬉しい、心も体も温まって風邪予防ができるハーブティーを症状別にご紹介します。

 

■1:風邪の予防に『マリーゴールド』

昔から万能薬として重宝されてきたマリーゴールド。解毒作用や発汗作用があり、血液の循環を促す作用もあるそうです。熱を伴う風邪やインフルエンザの予防にぜひ飲んでおきたいお茶です。マリーゴールドの花びらのようなきれいな黄金色が特徴です。

 

■2:のどの痛みに『セージ』

アロマオイルなどでも身近なセージは、殺菌作用があり風邪や扁桃腺炎の初期症状が出ている時に飲むとよいハーブティーです。余ったティーを使ってうがいをするのもオススメで、あの辛いのどの痛みもやさしく癒してくれます。

 

■3:鼻づまりに『ユーカリ』

「鼻づまりで眠れない」という時にオススメなのがお馴染のユーカリです。ユーカリティーにはすぐれた抗ウイルス作用があって風邪や花粉症による鼻づまりを和らげてくれるんです。スーっと清涼感のある味ですっきりいただけます。

 

■4:咳が出はじめたと思ったら『レッドクローバー』

すがすがしい草の香りのレッドクローバーは抗炎症、鎮静作用があるので咳が出はじめたと思ったら飲んでみるとよいお茶です。また女性のホルモンバランスを調整する働きもあるので、女性特有のプチ不調を和らげてくれます。

 

■5:熱冷ましには『レモンピール』

レモンの皮を乾燥させたレモンピールティは抗菌や解熱作用があるので、風邪で熱が出ている時に症状を緩和してくれます。酸味のある爽やかなフレーバーで食欲のない時で、もすきっとしているので飲みやすいです。

 

これらのハーブはお医者さんの薬にかわるものではなく、また妊産婦には合わないハーブもあるのでご注意くださいね。

これからの季節は特に空気が乾燥して風邪を引きやすくなります。日々の風邪予防にハーブティーを取り入れてみてはいかがですか?

 

【参考】

※ 佐々木 薫(2007)『ハーブティー事典』 池田書店