秋の味覚でおいしくキレイにダイエット!厳選食材5つ【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食欲の秋。おいしい食べ物がたくさん出揃い、ダイエット中の人にとっては少々つらい季節かもしれません。しかし“秋の味覚”といわれる食材は、実は美容成分が豊富に含まれるものばかり。うまく味方につけない手はありません!

健康的で美しいボディを作るには、栄養バランスの取れた食事が欠かせないもの。ダイエット中に不足しがちなビタミン、ミネラル、たんぱく質、食物繊維などを旬の味覚で補い、おいしく食べてキレイになりましょう。

今回は、これまでにお伝えした記事の中から、とくに美容効果の高い“秋の味覚”を5つピックアップしてご紹介します!

 

【舞茸】

秋の味覚の代表格ともいえるきのこ。低カロリー・低価格なので、ダイエッターの強い味方でもありますね。

種類豊富なきのこの中でも、シコシコの歯ごたえや独特の風味で好まれているのが舞茸。『こってりなのに低カロリー!レストラン風 舞茸ソテー』では、舞茸を使った前菜レシピを取り上げています。

舞茸には、カリウムや鉄などのミネラル、ビタミンB群やビタミンD、食物繊維など豊富な栄養素が含まれている上に、生活習慣病(成人病)を予防する効果も期待できるそう。

ダイエットにも健康にも良いなんて、本当にスグレモノですね!

 

【鮭】

鮭の旬は秋から冬。今はちょうど、おいしい秋鮭が出回っていますね。

『まさかの事実!? 知られざる鮭の美容効果を調べてみた!』という記事でお伝えしたように、鮭に含まれている美容成分で注目なのは、なんといってもアスタキサンチン。

アスタキサンチンには抗酸化作用があり、そのパワーはなんとビタミンEの約1,000倍! 体をサビつかせる活性酸素を除去してシワやくすみを予防する効果はもちろん、メラニン色素の沈着を抑えることで気になるシミを予防してくれる働きもあるのです。

まさに、女性にとっては嬉しすぎる成分です!

 

【後編】でも引き続き、残りの3つの食材の美容・健康効果をご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

 

【関連記事】

※ 専門家が推薦!「一日一個のアレ」が透明美肌を叶えると話題