体に悪さする悪玉コレステロール対策に有効な食事方法【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回では、体とって悪玉・善玉コレステロールと話について述べさせていただきました。コレステロールといっても必要な成分でもあるんですよね。みなさまの健康のためにも是非知っておいていただきたいお話です。

後編では、その悪玉コレステロールを退治してより健康的に美しいボディを保つテクニックをご紹介させていただきます。まず何よりも大切なのが、食事方法なのです。

 

 

■悪玉コレステロールに効果的な食材とは?

さんまやぶり、いわしなどの青魚にはLDLコレステロールや中性脂肪を減らす役割をもつEPAという成分が多く配合されているために進んで食べていただきたい食材です。秋刀魚はまさに旬の魚で栄養分も高いので積極的に食べていただきたいですね!

また野菜、きのこ、海藻、果物などにもたくさんの食物繊維が含まれているため余分なコレステロールの排出を手伝ってくれる役割を果たしてくれます! 野菜にはLDLの酸化を防ぐ効果もあるので良いですね

豆腐や納豆に含まれる大豆たんぱく質は、食物繊維も豊富ですし血管を保護してくれる効果があります。

 

逆に、控えめにしたほうが良い食材は脂身の多い牛肉や豚のバラ肉、鶏の皮に多く含まれる飽和脂肪酸という成分。これらは、LDLコレステロールや中性脂肪を増やしてしまうのです。

ベーコンやハムなどの加工食品にも多く含まれますので、大好きな方には残念ですが、要注意ですよ。

そして、お菓子やお酒が好きな方も気をつけていただきたいです。これらも中性脂肪を増やして糖質も多いので、デブ街道まっしぐらでございます……。

 

料理する際にも、洋食にはバターを使用することが多いですがバターは動物性の脂なので悪玉コレステロールを増やしてしまいます。できれば、植物性のヘルシーな油を使用しましょう!

しかし、どちらにせよ油なので使いすぎには注意を!

日本人の基本としては、やはり和食を中心とした食事を取り入れることが大切です。和食は、魚や野菜、海藻などが多く持ちいれられます。

お味噌汁や玄米など意識して、悪玉コレステロールを取り除きましょう!

 

【関連記事】

※ イヤッ…赤っ恥!男性からの「年齢より若くみえる」はお世辞と判明