これだけで体重も大違い?正しい「コンビニ食」の選び方【主食編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「コンビニ食はカロリーが高くて太りそう」などのイメージがあるかもしれませんが、実は裏面などにカロリーが表示されているものが多いコンビニ食は、自分でカロリーコントロールをするのには最適!

主食・メイン・サラダなど、栄養バランスを組み立てながら必要なものを選べるところも、外食するより効率的かも? 注意点は、深夜コンビニ食を選ぶケース。カロリーがより低いもの、脂質が少ないものをチョイスしましょう。

今回は、“Aを選ぶよりB”というように比較しながら、『ダイエット中に最適なコンビニ食』をご紹介します。まずは主食から!

 

■おにぎり

・チャーハンを選ぶより、梅・昆布・鮭などシンプルなものをチョイス!

・五目御飯を選ぶより、酢飯(手巻きずし)をチョイス!

ご飯自体に味付けがあるものは高カロリーのものが多いので、白米や雑穀米などを選ぶのが正解。酢は脂肪燃焼効果があり、ダイエットにも良いので、酢飯もオススメです。

具は納豆などや太巻きなど、栄養バランスが取りやすいものを選びましょう。

 

■パン系

・三角サンドイッチを選ぶより、フランスパンサンドをチョイス!

柔らかいサンドイッチはすぐに食べ終わってしまい、満腹感が得られにくいので、フランスパンに野菜やハムがサンドしてあるハードタイプを選びましょう。

具はツナや卵サラダより、レタス・トマト・生ハムなど、ベジタブル色の強いものがオススメです。

 

■パスタ

・ペペロンチーノを選ぶより、ナポリタンをチョイス!

・カルボナーラを選ぶより、和風パスタをチョイス!

ペペロンチーノは具がほとんど入っていないので、ナポリタンの方が栄養面ではベター。カルボナーラは生クリームやバターがふんだんに使われていて高カロリーなので要注意!

和風パスタは、キノコや野菜などが多く入っているものを選びましょう。

 

■和風麺

・うどんを選ぶより、蕎麦をチョイス!

うどんは消化が早いので、腹もちがあまりよくありません。ダイエットの視点で選ぶなら、代謝アップ効果のあるビタミンB群が多く含まれる蕎麦が正解。

出来れば、体を冷やすので『ざるそば』は避け、電子レンジで温めて食べる温麺を選びましょう。

 

■洋風ご飯

・ドリアを選ぶより、リゾットをチョイス!

ドリアのご飯を覆っているホワイトクリームには、生クリームやバターがたっぷり。カロリーを気にするなら、お米自体を炒めて作るリゾットの方が低カロリー。リゾットは、キノコが入っているものなど、なるべくヘルシーな具材のものがオススメです。

 

いかがでしたか? 目に見えて分かるカロリー数値はもちろんですが、その食べ物がもつ成分や効果、特徴などを覚えておけば、おのずと選び方が変わってくるハズです。

また、買ってきたコンビニ食を家で食べる場合、お皿に盛るなどの一工夫を加えれば、イメージがガラリと変わるかも。シチュエーションが違うだけで、同じ食べ物でも美味しく感じることが出来ます。

奥が深いコンビニ食。次回はおかず編をご紹介します!

 

【関連記事】

※ これだけで体重も大違い?正しい「コンビニ食」の選び方【主食編】

※ これだけで体重も大違い?正しい「コンビニ食」の選び方【おかず編】

※ これだけで体重も大違い?正しい「コンビニ食」の選び方【サラダ編】

これだけで体重も大違い?正しい「コンビニ食」の選び方【デザート編】

 

【参考】

※ 文部科学省 食品成分データベース