ウソでしょ!? 「ファンデーションで老化が早まる」恐ろしい事実

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンチエイジング市場が活発になっている今、毎日のケアに力をいれている女性も増えてきました。

しかし、スキンケアアイテムを買うときは配合されている美容成分に気をつけて入念に選んでいても、「ファンデーションの配合成分はきちんとチェックしていない」という方も、多いのではないでしょうか?

『トレンド総研』が20~29歳の女性500名に対して行った、『肌の老化に関する調査』によると、このような恐ろしい“肌老化”のひとつの要因が、“間違ったファンデーション選び”にあるとの事実が浮かび上がってきたのです!

 

今や、多くの女性が“20代前半から”すでに肌の老化を感じはじめているそう! では、はたしてその原因は一体どこにあるのでしょうか?

まず、「肌が老化する原因は、何だと思いますか?」という質問をしたところ、「紫外線」(85%)、「睡眠不足」(72%)、「乾燥」(71%)、「不規則な食生活」(66%)、「栄養不足」(55%)、「タバコ」(30%)といった、ライフスタイルにまつわる回答が上位に並ぶ中、「ファンデーション」と答えた人も30%にのぼったのです。

確かに、ファンデーションは「肌をキレイに見せてくれれば良い」と思う反面、配合成分に不安を感じたり、つけ心地に息苦しさを感じている人も少なくなさそうです。

そこで改めて、「ファンデーションは、肌が老化する原因になっていると思いますか?」と聞くと、65%の女性が「そう思う」と答えました。「色々な化学成分が入っているので、顔全体を長時間覆っていると成分が染みてきそう。(29歳)」といった、肌に負担をかける“ファンデーションの成分”を気にする声も多くあがりました。

ただし、「ファンデーションなし(すっぴん)で過ごすことには、抵抗がありますか?」と聞いたところ、48%と半数近くが「抵抗がある」と答えています。「素肌を見られるのが恥ずかしい。(28歳)」、「ニキビや毛穴が気になる。素肌に自信がない。(26歳)」といった意見が多数みられました。

 

では、具体的にどのようなファンデーションを選ぶのがよいのでしょうか?

前述の『トレンド総研』が美容家62名を対象に実施した調査では、美容家の92%が、「ファンデーションによる肌の負担を減らすためには、成分を確認することが重要」と回答。

なかでも「石油系の成分や合成着色料などがあまり入っていない、天然の素材で作られたものを選ぶ。(27歳・メイクアップアーティスト)」など、“天然由来の成分”でつくられたファンデーションをおすすめする声が多くあがりました。

本来肌を美しく見せるためのファンデーションなのに、石油系の化学物質が多く含まれていることによって、肌荒れや肌老化が進んでしまうことがあるなんて、恐ろしいですよね!

そして、美容家から推薦の声が多かった“天然由来成分”でつくられたものの中で最も票を集めたファンデーションは、『リソウコーポレーション』の『リペアファンデーション』でした。

この商品は、主原料が無農薬栽培米という、従来のファンデーションとはあまりにも異なる製品。ビタミンCとアミノ酸を天然由来のまま配合し、天然植物の生きる力を最大限利用した画期的なファンデーションです。

 

今回の調査で明らかになった、恐ろしいファンデーションでの“肌老化”。

しかし、20代女性の多くが「ファンデーションは肌老化の原因」と考えている一方で、素肌に自信がないことで「ファンデーションには頼りたい」、「ファンデーションがなくなっては困る」といった意識が根強く残っているよう。

だからこそ、これからのファンデーション選びは、従来重視された“機能性”だけでなく、“肌への優しさ”に注目が集まり、私たちが自ら成分をチェックすることがキーポイントになります。

毎日、当たりまえのように顔全体に塗っているファンデーションこそ、“肌に優しい成分でできたものを選べる眼”を育てていきたいですね!

 

【参考】

※ 調査期間:2011年9月6日~9日、調査対象:20~29歳 女性500名、調査方法:インターネット

コスメ・化粧品。ダイエット&美容法 すべて美人セレブ&タレントのおすすめ情報! STAR BEAUTY