騙されないで!「シリコンシャンプーで髪が痛む」はデマ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘアケア商品において、今空前のブームになっているのが『ノンシリコン』。

シリコンは髪には良くないというイメージが定着しつつあり、ノンシリコンの名が付く商品が圧倒的人気の傾向になりつつあります。しかしこの現状に、ヘアケアのプロである美容師は疑問を抱いているのだというのです。

「シリコンシャンプーを使うと髪が痛む」などというもはや都市伝説化している情報を、現役美容師でありながら、ヘアケアメーカーHehahaの代表も兼務される、まさにプロ中のプロである、丸目隆志さんに真実をインタビューしてきちゃいました!

プロは一体、このノンシリコンブームをどう見ているのでしょうか?

 

トリートメントにシリコンは絶対的存在である!

「ノンシリコンシャンプーとは聞くけど、ノンシリコントリートメントはあまり聞かないでしょ?」という丸目さんの言葉、確かに……と納得。実は、これには理由があるのです。

シリコンは、髪の手触りをなめらかにするための重要な存在であるため、髪をしっとりと手触り良くする目的のトリートメントには、シリコンは当然入るべきものなのだとか。

また、多くの洗い流さないトリートメントなどにも、シリコンは同じ目的で配合されているため、いくらシャンプーをノンシリコンにしていても、いずれかのアイテムでシリコンにより、髪はなめらかになっていたのです。

 

「シリコン配合商品を使うとカラーが入りにくくなる」は嘘だった!

シリコン配合のヘアケア商品を避ける人のなかに、「カラーがきれいに入らないと聞いた」という声が多いのですが、実はこれは嘘。シリコンを使ってもカラーはしっかり入るのです。

ただ、大切なのは油分と水分のバランス。シリコンのような油分成分が髪に過剰に、付くことでモッタリと重く感じることもありますが、ほとんどの女性は髪が乾燥している状態のため、逆にシリコンを使った方が、パサパサ感を減少させ、カラー後の髪の手触りも良くしてくれるのです。

 

ノンシリコン商品をオススメしたいのは“髪にボリュームがほしい”人!

ノンシリコン商品の効果のひとつが“ボリュームアップ”。頭がペチャンコでボリュームがほしい、という人はいずれかのアイテムでノンシリコンを使用してみてはいかがでしょうか?

しかし、そのような悩みは特に無く、髪がパサパサに乾燥しているという人は、シリコンを毛嫌いせずに上手に取り入れることで、髪の質感アップも期待できることも。

 

ちなみに丸目さんが、このようなパサパサ乾燥女子のために商品開発した商品が、『ジメチコートOIL』。洗い流すオイルという新発想のアイテム。

冬は髪も乾燥しやすい季節。気になる人は是非チェックしてみてくださいね!

 

【参考】

※ 株式会社Hehaha 『ジメチコートOIL』