麺やバーガーにも…日本で「ミドリムシ」メニュー急増中

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国でブームとなっている『ミドリムシ』を使った化粧品

以前にもご紹介した、カタツムリや蛇の毒、蜂の毒ブームを鑑みると、「ゲテモノは韓国だけの特徴」などと思いがちですが、日本でもミドリムシを研究し、ミドリムシにまつわる商品を多数開発している会社があるのです。

それは、東大発のベンチャー、株式会社ユーグレナ。ホームページを見ると、その開発商品ラインナップは化粧品や健康食品など様々。

ミドリムシには59種類もの栄養成分が含まれていると言われているため、期待できる効果も大きいのです。

その中でも特に魅力的なミドリムシ効果をピックアップしてご紹介します。

 

■スーパーデトックス効果!

体内に有害な成分を流す解毒効果のほか、便秘の宿便を流す便秘解消効果があります。

その秘密は、ミドリムシが保有している『パラミロン』という成分。これは油を吸い込むスポンジのような役割をしていて、油分やコレステロールを吸収してくれるのだそう。

『パラミロン』の正体は多糖体で、油分以外にも人間の体内で不要なモノを取り込み、中に溜め込んでくれる働きがあります。

そのため、デトックス作用で下記のような効果が期待できるのだとか。

・便秘解消

・コレステロールの低下

・免疫力アップ

・むくみ解消

・美肌効果

「デトックスだけなら、他の食品や成分でも良いんじゃないの?」という疑問が浮かびますが、相手はミドリムシ。

それ自体の大きさを考えると、そのミドリムシが含有している成分分子のミクロレベルの細かさなので、通常よりも低分子で吸収・浸透性も高いことが伺えます。

 

そんなミドリムシを「料理にも取り入れてしまおう!」という動きがあるようで、おもしろミドリムシメニューを取り入れるお店が続々!

例えば『山手らーめん 安庵(本郷店)』では、ラーメンの麺に粉末ミドリムシを練り込むなどして6億匹分のミドリムシを配合したラーメンを開発。

また、『東京ワイン酒場 AGEMAKI』では1プレートに20億匹分のミドリムシを配合した『ミドリムシバーガー』なるものがランチ限定で登場しているのだとか。

ミドリムシの全国展開が進みそうな予感……。まるでカルシウムを摂るようなお手軽感覚で、日本でもミドリムシが当たり前に、身近なものに使われている日も近いかもしれません!

 

【参考】

会社概要 | 株式会社ユーグレナ – ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の研究開発・製造・販売

トップページ | 山手らーめん 駒場・代々木上原・本郷

東京ワイン酒場アゲマキ:東京一ワインを提供するお店になります