管理栄養士が指摘!50%の女性は「納豆&豆乳の女性ホルモン効果を得にくい」衝撃事実

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大豆イソフラボンは“女性にとって欠かせない成分”と、納豆や豆乳を食事に取り入れている方が多いことでしょう。しかし、大豆イソフラボンの効果をちゃんと得ることができる日本人女性は、わずか半分しかいないということが、最新の研究でわかってきたんです。

そこで今回は、せっかく大豆イソフラボンを摂取しても、その効果が出ない人がいるのは一体ナゼなのか、『ホルモンケア 推進プロジェクト』を参考にお伝えします。

 

■大豆イソフラボンが女性ホルモンの働きを補う仕組み

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きを体内でするため、お肌のハリやエイジングにも好影響をもたらしたり、生理周期のバランスを整えたり、更年期障害や骨粗しょう症を予防、緩和したりといった効果があるという結果が出ています。

その仕組みについて最新の研究でさらに詳しく調べてみると、大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という成分が、「エクオール産生菌」という腸内細菌によって代謝され、「エクオール」という成分が作られるということが判明しました。

そしてこの「エクオール」こそが、女性ホルモンのエストロゲンの働きを補って、大豆イソフラボンの効果を最大限に発揮させてくれる正体なんです。

 

■日本人女性の50%しか大豆イソフラボンの効果を得られない理由

しかし「エクオール」を作るために不可欠である「エクオール産生菌」という腸内細菌を持つ人は限られています。

エクオール産生菌を持つ人は、日本人のうち51.5%と約半数。大豆製品の摂取習慣があまりない、アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなどの欧米はさらに低く、3割ほど。

その要因は食生活の変化によるものが大きく、腸内環境が悪化していることが考えられます。そのため、日本人の中でも若い年齢層はエクオールを産生できる割合は20%程度と報告されています。

→腸内でエクオールをつくれる体なのか確認できる

「ソイチェック®」を試してみる!

 

■エクオールが作れないとどうなるの?

エクオールが体内で作れない人は、一体どうなるのでしょうか? 女性ホルモンの分泌量は加齢に伴って減少していくものですが、大豆イソフラボンを摂取していたとしても、それをエクオールに作れない場合、女性ホルモン量の減少によるさまざまな体の不調が顕著に出てくるものと予想されます。

具体的には、生理不順やイライラ、精神不安定、手足の冷え、しわやたるみ、ホットフラッシュをはじめとする更年期症状など。

これを防ぐためには、大豆製品を食べるだけでなく、同時に腸内環境を整えていくことが大切です。乳酸菌や食物繊維を多く摂り、善玉菌と悪玉菌の比率を2:1程度に近づけられるようにしたいものです。

さらにエクオールは1日10mg摂取することで更年期症状を改善することがわかっています。エクオール含有サプリメントを活用するというのもひとつの方法として考えてみるとよいでしょう。

 

納豆や豆乳は「食べれば食べるだけ体によい」と思っている女性が多い中、そうではないということはビックリする事実だったのではないでしょうか。体によいと言われるものをただ口にするのではなく、どう体に作用されているのか、考えてみることも大事なのです。

『ホルモンケア推進プロジェクト』では、女性ホルモンの基礎知識と、自分のカラダを知るのに役立つ情報がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

【参考】

ホルモンケア推進プロジェクト

 

【画像】

Kokulina,Africa Studio,Alliance,Syda Productions / Shutterstock

 

Sponsored by ホルモンケア推進プロジェクト