驚くべきことに赤ワインで乳がん予防できることが判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『赤ワインで不老長寿!?長生きの遺伝子を活性化する方法』でもお伝えしましたが、赤ワインに含まれるポリフェノールが動脈硬化を予防する働きがあるのは、もはや周知の事実になっていますよね。

肉や乳製品などの高脂肪食品をたくさん食べているはずのフランス人が、他のヨーロッパ各国よりも心臓疾患による死亡率が低いのは、“赤ワインをたくさん飲むからだ”という研究結果もあるほどです。

ところが、その赤ワインが、女性の天敵である『乳がん』も予防できることが新しい研究で明らかになったのです!

 

イギリスのニュースサイトDaily mailによると、ポリフェノールの一種であるレスベラトロール(ブドウの皮に含まれている)が、女性ホルモン・エストロゲンの成長を食い止めることにより、乳がん細胞の発達を劇的に減らすことができたとのこと。

エストロゲンはもともと悪いものではなく、私たち女性が女性らしくいられるためになくてはならない大切なホルモンなのですが、時として乳がんなど女性特有の疾病を生む要因にもなってしまうのです。

そのホルモンを上手に抑えて予防するのが、赤ワインに含まれるレスベラトロールというわけ。

更にレスベラトロールは、ガン予防はもとより、美肌効果、認知症予防、メタボリックシンドローム予防、そして今最も心配される“放射能の害から身体を守る”という研究結果まであるそうです。

 

赤ワインがこれほどまでに自然の恵みがたっぷり詰まっていて、私たち人間の健康をサポートしてくれる飲み物だということに、改めて驚かされますね!

アルコールが弱い、どうもワインは苦手という方は、ブルーベリーやクランベリー、ピーナッツなどにもレスベラトロールが含まれているといいますから、是非、習慣的に食べてみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

※ Red wine compound stops breast cancer growing by blocking female hormone | Mail Online