「冷え」から永遠に解放されるための温めポイント3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残暑がようやく和らいだと思ったら、涼しいのを通り越して寒いくらいの日々が続いていますね。早くも、辛い冷えに悩まされているという方も多いのではないでしょうか?

体の冷えが、慢性的な肩こりや腰痛、むくみ、下痢や便秘といった症状を招くのはよく知られていること。それでは、毎日の生活で手軽に冷えを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

「ここを温めればOK!」という冷え攻略ポイントを知って、効果的に冷えを予防しましょう。

 

■冷えの要注意ポイント、3つの「首」を温めよ!

冷えを予防するには「“首”と名のつく3つの部位を温めると良い」と昔から言われています。その3つの部位とは、『首』『手首』『足首』のこと。太い血管が集まっている上に外気に触れやすいため、ここから体が冷えてくるのです。

さらに、ここを温めると風邪の予防にも効果的。冷えがとくに気になる秋から冬にかけては、この冷え攻略ポイントを温めるよう、服装を工夫しましょう。

【首】

・マフラーやストールを巻く

・タートルネックを着る

・ネックウォーマーやスヌードで温める

【手首】

・トップスは半そでや七分袖より長袖を選ぶ

・手首までカバーする長めの手袋を着用する

【足首】

・保温性の高いタイツやストッキングを履く(ナマ足は冷えの大敵!)

・レギンスよりも、足首まで覆うトレンカを履く

・レギンスを履くときはレッグウォーマーや靴下を重ねる

 

最近ではスヌードやレッグウォーマーなど、見た目も可愛くて毎日のファッションに取り入れやすい冷え取りアイテムが充実しています。ぜひ、お気に入りのものを見つけて上手に冷えを予防してくださいね。