なんとダークチョコにはジョギングと同じ効果がある!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の研究によると、ダークチョコレートを食べることは、エクササイズと同様に、運動能力を増強する効果があることが判明しました。また少量のダークチョコレートを食べることと、定期的な運動を併用すると、効果が50%アップするとのこと。

ダークチョコレートのアンチエイジング効果はよく耳にしますが、それにしてもチョコレートを食べることで、運動能力が上がるとはどういうことでしょう?

イギリスのニュースサイトDaily mailから、ダークチョコレートの意外な効果についてお伝えいたします。

 

アメリカの研究チームが行ったネズミの実験によると、茶カテキンの主要成分であるエピカテキンを与えたネズミは、『ミトコンドリア(細胞にパワーを与える電池の役割を果たす細胞小器官)』の生成が促進され、また筋肉に酸素を運ぶ役割を持つ『毛細血管』の数が増加していました。エピカテキンの効果で、ネズミはより多くのエネルギーを得ることになったわけです。

ダークチョコレートには、このエピカテキンが含まれています。エピカテキンには、筋肉の成長を促す効果があります。ジョギングなどの運動も筋肉の成長を促進しますが、それと似た効果というわけですね。

この研究では、中年にあたるネズミを3つのグループに分けて実験を進めました。グループ1のネズミは、カカオから抽出されたエピカテキンを1日2回、15日間摂取しています。グループ2では、エピカテキンと30分間のトレッドミル運動を課されています。そしてグループ3は、エピカテキンなしで運動が課されたグループです。

実験で、エピカテキンを食べたばかりのネズミをトレッドミルに乗せてみると、定期的に運動をさせているネズミと同様のスタミナを見せたとのことです。

 

研究チームのウェイン大学のモー・マレク博士は、このように言います。

「ランニングやサイクリングといった有酸素運動は、筋肉細胞中のミトコンドリアを増加させる効果があることが知られていますが、エピカテキンは心筋と骨格筋に同じ効果を及ぼすことが、私たちの研究で明らかになりました」

まさに、運動に最も必要な筋肉にエピカテキンの効果があるというわけですね。

研究チームでは、人間にも同様の効果が見こめると考えており、また加齢に伴う筋肉の消耗への治療のベースに、ダークチョコレートの内容物を使用する可能性を検討しています。

 

いかがでしたか? カテキンにはさまざまな効果がありますが、筋肉アップの効果があるなんて驚きですね! アンチエイジングのために運動をしている時や、甘いものの誘惑に負けそうな時は、おやつにダークチョコレートを取り入れてみてはいかがでしょう?

 

【参考】

※ How dark chocolate ‘boosts fitness as much as exercise’ | Mail Online