知らないと損する「押すだけで充血が消える」ツボ2つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読書の秋。本を読むのもいいけど、目が充血していませんか?

どんなにアイメイクを頑張っても、目が真っ赤に充血していたら台無しですよね。しかし、読書の秋に限らず、1年を通してパソコン作業などで目を酷使する現代女性にとって、充血は切っても切れない日常的な悩みのひとつです。

充血を取る効果のある目薬もたくさん市販されていますが、そのほとんどが『血管収縮剤』が入っているものなので使いすぎには要注意

血管収縮剤は、あくまでそのときの見た目の炎症状況を抑えてくれる働きが目的なので、根本的な炎症の原因までは改善されません。むしろ、使いすぎるとあとで余計に充血がひどくなるケースもあるようです。

そこで、いつでもどこでも、たったひと押しで充血とサヨナラできるツボをご紹介します!

 

■押すだけで充血が消えるツボふたつ

・ツボその1. 『養老(ようろう)』

いかにも効きそうな名前のツボです! 手首の小指側にある骨のフチを指で押しながら触るとある割れ目の部分。割れ目の中にあるので、少し強めにプッシュしましょう。目の疲れ、かすみ目、視力低下の改善にも効果的!

・ツボその2. 『合谷(ごうこく)』

親指とひと差し指の付け根の間。(水かきより内側) 押すと圧痛があり、痛気持ちいい感じがします。目の充血の根本から改善したいときに。

目のツボといえば、目の周りをプッシュするイメージがあるかもしれませんが、メイクの上からだとどうしても強く押せなかったり、逆に押す力加減や位置が分からず、うまくツボを押せなかったりして、意外に活用できていないのではないでしょうか。

でも、これなら手にあるツボを押すだけなので、移動中でも仕事中でも、「目が疲れたな」とか「目が赤いかも……」と感じたらすぐにプッシュできるのがメリットです。

 

このふたつのツボを覚えて、毎日プッシュしていれば、きっと充血知らずのスッキリお目目になっていること間違いなし! アイメイクも一層楽しめそうですね。

 

【参考】

※ ツボブック TUBO BOOK(ツボ押しガイド本)