ハズすと…一気にヘン認定!「夏のTシャツ」失敗しない選び方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

汗をかいても洗濯機でジャブジャブ。サラッと1枚でオシャレにキマる。このような理由から、「夏はTシャツばかり」という方も多いでしょう。加えて、昨年からTシャツファッションの流行は継続中。なので「今年の夏もTシャツコーデを存分に楽しむ!」という方がたくさん見受けられます。

ですが、ここで気を付けたいのがTシャツの選び方。オシャレなTシャツとダサイTシャツの差は、紙一重です。では、どのようなTシャツが、“オシャT”に当てはまるのでしょうか。

 

■1:ロゴTの場合

まずは、大流行中のロゴTシャツの失敗しない選び方から。

(1)白・黒・ネイビーなどの定番カラーをチョイス。

(2)素材はテロンとした柔らかさを感じさせるものを。

(3)文字の意味をチェック。

(4)文字の他にイラストや装飾がないものを。

(5)文字が長すぎないものを。

一歩間違えると、子供っぽくなったり、カジュアル過ぎたりしてしまうのがロゴTシャツ。色も文字数も控えめなものを選んで、大人っぽく着こなしましょう。

 

■2:白Tの場合

とにかく使えるのが白Tシャツ。定番なだけに、オシャレに着こなしたいアイテムです。

(1)カジュアルに着こなしたい時

VまたはUネックで鎖骨がチラリと見えるもの。着丈はやや長めのもの。

(2)大人っぽくシックに着こなしたい時

首まわりの開きが大きくないものを。着丈は長すぎず、ジャストサイズがオススメ。

また、白Tシャツを着る時は、ブラジャーにも気を配る必要があります。色は、モカやベージュ、ジャストサイズでハミ肉ができないブラジャーを着用しましょう。

 

■3:カラーTの場合

カラーTシャツなら、黒やネイビー、カーキ、グレーのような落ち着いた色が大人っぽく見せてくれます。今年流行のスカーフを手首に巻いてアクセントにしたり、アクセサリーで華やかさをプラスしたりすると良いでしょう。

ただし、淡い色のTシャツには脇汗や背中の汗がジワリとにじみがち。インナーの着用や脇汗パッドの使用でにじませない工夫を。

 

夏の定番・Tシャツファッション。「何かダサくない……?」と思われることのないように、慎重に選びたいものです。

 

【関連記事】

※ アパレル店員が思わず…涙!「洋服屋さんにいるヒドい客」5パターン

※ オシャTとダサッのボーダーは?2016夏「トレンドTシャツ」チェック

※ ローラの夏コーデも!2016「押さえておきたいTシャツ」トレンド

※ ダサイとオシャティのボーダーは?今どき「Tシャツ着こなし」ポイント

※ イイ女は何をどう着る?「シンプルTシャツ」がグッとこなれる4テク

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 自宅でエステ級のケア!毎日のカミソリ処理を解消「セルフ光ケア美容」って

1日たった21円!? 痩せ子がごくごく飲んでるドリンクって?

すべてをカバーし、崩れない!トレンドのハーフマット肌はこう作る!

美容皮膚科ドクターにきく「化粧ノリが劇的によくなる方法」

あぁ彼がゲンナリ…どんどん引かれる「女性の身だしなみ」悲しいNG共通点3つ

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

 

【姉妹サイト】

※ 2位家の前にゴミ…「ご近所さんにやられたらイラッとすること」1位は

※ も~呆れちゃう!どこの職場にもいる「困ったゆとり世代の言動」3選