乳液1本でここまで出来ちゃうの!? 驚きの裏技テク公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアのマストアイテムである、乳液。どのように使っていますか? 化粧水の後に使う、なんて普通の乳液の使い方だけでは勿体ない! なぜなら、乳液は色んなお悩みを解決しちゃう、すごいアイテムなのです。

乾燥の季節に入る、この時期にこそ、知っておきたい乳液の使い方のベスト3をお伝えしていきたいと思います。洗面台にひっそりと置かれている、使いかけの乳液を今日から大活躍できちゃうかも!?

 

“乳液+ファンデーション”で、スキンケアメイクの完成!

日中も乾燥が気になる。でも、ファンデーションはしっかりしておきたい、なんて人におすすめなのが、「乳液+ファンデーション」テクニック。

使い方は、リキッドファンデーションに乳液を混ぜて、肌になじませるだけ。リキッドファンデーションの伸びも良くなり、しっとり感アップ。

また肌の艶もとても良くなります。化粧崩れが気になる人には、肌に乳液+ファンデーションを伸ばした後、ティッシュで軽く顔全体をおさえて、浮いた余分な油分を取り除いてあげましょう。

 

■“乳液クレンジング”で、洗いあがりしっとり!

洗顔後の肌のつっぱりが気になる、肌のかさかさをどうにかしたい、という人には乳液でクレンジングしてみてはいかがでしょうか?

肌をやわらかくして、汚れを浮き上がらせるので、マッサージしながら汚れをオフできます。乳液をなじませたあとは、コットンでふき取るか、洗い流してから、洗顔を行います。

落ちにくいアイメイクは、部分的にクレンジングアイテムを使って落としましょう。乳液クレンジングをすると、洗いあがりの肌がぷるんと潤いのある状態に。

 

“乳液でヘアケア”が、出来ちゃうんです!

乳液には、髪の毛の乾燥もケアするパワーがあるのです。外出先に毛先になじませる、または、お風呂に入る前に全体になじませて、ブラッシングをしてからシャンプーを行うと、髪の毛全体が潤いを持ち、パサパサ感が軽減されます。

付けすぎると、もったり重くなってしまうこともあるので、最初は少しの量だけで始めてみることがオススメです。

 

家にある乳液、いつものスキンケアだけで終わらせておくのは勿体ない! これからの季節には乳液1本で色んな悩みが解決できちゃうんです。

使用感や香りなど、お気に入りの乳液を見つけると、使うのも楽しくなっちゃいそうですね! ぜひお試しください。