スグできる!現代人に多い「生理不順」から脱却する方法【美容食特集】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月から美レンジャーでは2ヶ月にわたり、美容食について特集していきます。案内人は野菜ソムリエの資格を持つガルシェフ(ガールズシェフ)の高木ゑみです。どうぞよろしくお願いいたします!

本日は、生理不順に効果的な食材やレシピのお話です。

現代人の食生活はどんどん変わってきていますよね。美味しいパン屋さんやステーキハウス、繁華街では洋食店や中華料理店など様々なレストランが立ち並んでいます。

日本人の食生活が欧米化し、昭和25年から比べると、動物性の脂質摂取量が大幅に上昇傾向にあることは、脂質脂質厚生労働省の国民栄養調査の栄養摂取量の推移の結果で明らかになっています。

 

■生理不順の原因は食生活の欧米化も原因のひとつ

動物性食品を採ると、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量は大量に増加します。このエストロゲンは増加すると生理痛、生理不順の原因となってしまいます。

欧米化した現代の食生活を続けていると、生理不順が悪化し不妊の原因に……。なんてことになってからでは大変です! 手遅れになる前に改善しましょう!

食生活で一番気を付けたいことは、三食規則正しく食べ、カラダにリズムをつけること。野菜、魚、肉など、栄養バランスの良いお食事を摂るように心がけましょう。

 

■生理不順を改善する食材

1. イソフラボンが豊富の大豆

まず、生理不順によいとされている食材は、以前この特集でご紹介したイソフラボンが豊富の大豆製品。ホルモンバランスを整えることは、女性の身体にとても大切なことです。

大豆レシピは以下の通り。大豆を使ったおやつもオススメですよ! ぜひ積極的にイソフラボンを摂取しましょう!

※ 悩める「冷え」からサヨウナラ!? この秋は大豆に大注目!(前編)【美容食特集】

※ 悩める「冷え」からサヨウナラ!? この秋は大豆に大注目!(後編)【美容食特集】

※ CanCamでも大好評!栄養バランスばっちりな「SOY JOY風」大豆シリアルバー

 

2. 実はコラーゲンよりすごいビタミンE

お次は、ビタミンE。『コラーゲンよりすごい!? 「ビタミンE」が美肌に効く理由3つ』でもご紹介しましたが、血液の流れを良くし、ホルモンバランスを整えます。

ピーナッツ、カシューナッツ、くるみなどのナッツ類、そして玄米や大麦、押し麦にも多く含まれます。

※ 大麦・押し麦はダイエット効果や美容効果テキメン!美味しく楽しい食感の「押し麦サラダ」

 

3. 新陳代謝がぐんぐん上がるビタミンB群

ビタミンB群で身体を温め、冷えを改善し新陳代謝を高めましょう。豆類や豚肉に多く含まれています。

下記では豚肉と白菜を使って簡単に作れる、あたたかい蒸し料理レシピを紹介しております。ビタミンB群を手軽に摂取できますし、身体もポカポカ温まり冷えも改善しちゃいましょう!

※ 手抜きを一切感じさせない簡単すぎる愛され料理まとめ

 

4. 健康維持・疲労回復に必要不可欠なビタミンB6

エストロゲンの代謝に欠かせない栄養素です。主にまぐろ、さんま、鮭、いわし、バナナなどに含まれています。

みんな大好き美容の味方!旬の菜の花と鮭のカッペリーニ

 

5. DHAとEPA

血行を促し、ホルモン分泌が活発になるために欠かせない栄養素。『魚のDHA&EPAでやせる?さばき方も伝授します!』でも書きましたが、はまち、いわし、さば、さんまなどの魚介類に豊富に含まれています。

さばき方については、『美容と健康には、一匹まるごと摂取がマスト!』で伝授しているので是非ご確認ください。

ポイントは色?意外と知らないお寿司の正しい選び方

 

6. 貧血のフラフラを防いでくれる鉄分(ミネラル)

鉄分は女性には特に不可欠で、貧血による生理不順を改善します。ほうれん草やレバーなどに多く含まれます。下記のレシピでほうれん草を積極的に摂りましょう!

※ 健康・美容にいい色鮮やかな「ほうれん草」マヨネーズ

※ ポパイは女性の救世主、ほうれん草でもっと美しく! 美味しいほうれん草のバターソテーで鉄分を補給★

 

7. やっぱり一番のストレス解消はカルシウム

最後に、生理中のストレスは大敵! イライラを抑えるにはカルシウムです。カルシウムは気分を安定させ、生理不順には大敵のストレスを減らします。これらは小魚や海藻、チーズなどに多く含まれています。もちろん、牛乳を飲むのもいいですよ。

健康志向さんは要注目!イソフラボン満載の黒糖きなこ

 

■基礎体温のチェックも忘れずに!

食生活を気をつけつつ、基礎体温もチェックしましょう! ホルモンや月経周期の乱れ、体温の変化で排卵の有無もわかります。

ただ、基礎体温だけではどのホルモンが不足しているのか、また過剰なのかなどの細かな情報はわからないため、血液検査をすることをオススメします。

女性ホルモンの分泌以上のほか、女性に多い甲状腺ホルモンの異常なども血液検査で調べられますよ! 女性ホルモンバランスの乱れを見逃さず、 婦人科へ行くなど、素早い対処を心がけるようにしましょう!

 

さて、この美容食特集は、毎週更新していく予定です! 次回はみんなが知りたい、“生活習慣病”を予防する食べ物を取り上げます。お楽しみに!

 

【美容食特集】

0. 美の本質

1. 冷え性(前編後編

2. 肌荒れ

3. 生理不順

4. 生活習慣病

5. ポッコリお腹

6. むくみ

7. 便秘

8. 貧血

9. 過食

10. パサ髪

11. 口臭

 

【参考】

※ 元気で長生きのための、本当に正しい食生活とは