夜の悪習慣が…シミや体臭「おブスの元」に!すぐヤメたいNG3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝は出勤準備でバタバタ、日中は仕事。「美容タイムは夜」という方は多いことでしょう。ですが、せっかくの美容タイムを逆効果にしてしまっている方も少なくありません。

下記の項目に心当たりがある方は、早速改善していきましょう!

 

■1:熱い湯船に浸かる

湯船に浸かるのは、冷えやむくみ、筋肉疲労の改善に効果的。また、副交感神経が優位になって、リラックスできます。ですが、40度以上の熱すぎる湯船はNG! 血圧が急激に変動したり、交感神経が優位になって緊張状態に陥ったりすることも。これでは、入眠の妨げになってしまいます。

38〜40度のぬるめの湯船に浸かり、体をじっくりと温めてあげましょう。

 

■2:ボディタオルでゴシゴシ洗う

ボディタオルの摩擦は肌に負担をかけ、色素沈着を引き起こすことがあります。そして、肌表面に存在する善玉菌を洗い流して、悪玉菌が増殖。体臭の原因になることも。

よく泡立てたボディソープを使い、手で体を洗うようにするのがおすすめの洗い方です。

 

■3:枕の高さが合っていない

枕は、高すぎても低すぎても“首のシワ”の原因になります。首のシワは、見た目年齢をグンと上げるので、何とかして防ぎたいところ。アゴが上がりすぎたり、下がりすぎたりしない枕を使用しましょう。

ちょうど良い枕が見つからない方は、バスタオルをたたみ、仰向けになったときに首のアーチにフィットするように置いて使用してみてください。

 

以上、NGな夜の美容タイムの過ごし方をお伝えしました。どれも“ついやりがち”な項目だけに、注意が必要ですよね。夜の美容タイムを充実させて、キレイに磨きをかけましょう。

 

【関連記事】

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

※ 20%も入眠時間が短く!「お風呂で頭マッサージ」のスゴイ効果

※ げッ…NG全部してた!「ぺちゃんこ薄毛」を招くドライヤー使い5つ

※ げっ…毎日言ってた!使うと「相手が急速でイラつく」NGワード3つ

※ メイクひとつで 「仕事できなそう」認定!オフィスで不利なNG顔4つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 2位ネガティブ「デキる男性がけして選ばない女性」の特徴1位は…

※ こんなに便利とは!「新しい本屋さんと図書館の新サービス」活用法

 

【画像】

※ Poznyakov / Shutterstock