毎日1分で「腹のプヨ肉を削る」!くびれを叶える三角のポーズ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬太りした体のまま春を迎えると、「去年着ていた春服が入らない」なんて悲劇が起きる可能性も!

一度お腹についた脂肪は、落とすのが大変ですよね。お気に入りのワンピースやスカートを今年の春夏には着られるよう、ウエストを絞りましょう!

今回は『ポジティブスターヨガ』代表取締役の庄司ゆうこさんに、男女問わず気になるパーツの上位に入る“お腹”に効く“三角のポーズ”を紹介して頂きました。

 

■心も体もポジティブに!“三角のポーズ”でダイエット

「ヨガにおいて代表的なポーズの一つ。このポーズは顔色が良くなり、健康的な身体になっていくので、心もポジティブにスッキリできるのが魅力です。

また脇腹を伸ばすことで、内臓内の毒素を排出しやすくなり、ダイエット効果が高いのも嬉しいポイント。体を曲げた時に胸を開くことを意識すれば、脇腹の引き締まりにも効果が期待できます」(庄司さん)

横腹の腹筋にも効果が期待できるので、ほっそりとしたくびれを目指して行いましょう。

 

■三角のポーズのやり方

(1)肩幅の倍ぐらいに足を開いて立ち、息を吸いながら両手を横に広げる。

(2)右手を右の足首に置き、左手は真上の天井方向へ持って行き、楽な呼吸で20秒程キープ。

(3)息を吸いながら身体を起こし、両手を横に広げ、今度は息を吐きながら両手をおろす。

(4)そのまま呼吸を整え、同じように次は反対の左手を左足首に置くポーズを繰り返す。

ポイントは天井に向けた手の指先に視線を集中し、足首に置いた手から天井へ伸びる手の指先までが、床と垂直になるよう意識することです。これにより体が“伸びている”状態を感じてください。

呼吸を止めずにゆっくりと吸って、吐いてを繰り返しながら自分のペースで行うことが重要とのこと。

 

「ヨガはダイエットや体幹を鍛えるなど体への効果だけではなく、沈んだ気持ちもポジティブに変わります。そんなヨガの魅力を多くの人に知ってもらいたいです」と話す庄司さん。

悩んだり、落ち込んだりしている時は、三角のポーズでリラックスしてみましょう!

 

【関連記事】

※ 体格2割増しに見える原因は…「肩肉」!今すぐやめたいNG習慣2つ

※ ザワつく心と体に…「朝と夜のラクダのポーズ」がハマる気持ちよさ!

※ 頑張ってもムダなんて!見直すべき「結局痩せにくい」ダイエット3選

※ 1日5呼吸!続けた人から「プリッと上向き美尻」になれる最強ポーズ

※ 10秒の簡単呼吸で…出っ腹&巡り改善!「横隔膜」がキモの呼吸法

 

【おすすめ記事(PR)】

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

実録「自己処理で起こった悲劇」!ムダ毛・肌トラブルを最小限にする方法とは

髪の傷み、薄毛…美しいツヤ髪を手に入れるためのヘアケアポイント4選

メイク直し0回!? 「朝のつけたてファンデ」をキープするメイクテク

 

【姉妹サイト】

※ 2位IMALU「実力ないのにTVに出てる」と思う二世タレント1位は

※ 「抜け駆けプレゼント」で男性社員へアピール!重すぎない品物3選

 

【取材協力】

※ 庄司ゆうこ・・・「ポジポジポジティブ」を合言葉に、2010年『ポジティブスターヨガ(PSY)』を設立。「インストラクター全員が美人!タレントやモデル経験者が働くヨガ教室」という今までに無いコンセプトを発案。女性のためのビューティーヨガ、ダイエットヨガ、マタニティヨガ、産後ヨガ。男性でも通いやすいパーソナルレッスン、ゴルフヨガ。お年寄りの方にはシニアヨガ、お子様向けのキッズヨガ、親子ヨガなど幅広いニーズに対応。PSYヨガインストラクター養成スクールも開校、育成にも尽力中。