余ってる「ニベアとヴァセリン」が…まだまだ活躍するキレイ技5つ!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の間に使っていたニベアとヴァセリンが余って、使い道に困っている人もいるかと思います。一度開封したクリームは酸化して雑菌がついてしまうので、半年以内には使いきるべき。

余ってしまったニベアやヴァセリンは次の冬まで放置しないよう、美容ライターである筆者が、美肌を叶える使いきりテク5つをピックアップしました!

 

■1:靴擦れ防止

パンプスやサンダルで足元を飾るのが楽しい季節ですが、靴擦れは痛いもの。靴擦れしそうなところにあらかじめ、ニベアやヴァセリンを塗っておくと防止できます。

 

■2:まつげ美容液!?

ニベアやヴァセリンでまつげを保湿すれば、まつげが油分で保護され、ビューラーの過度な使用から起こる切れ毛や抜け毛を防ぎます。

ニベアやヴァセリンを夜寝る前にまつげになじませて一晩置いたり、ナチュラルメイクに徹したい日はあえてマスカラをお休みして、ニベアやヴァセリンのみでつやつやな自然なまつげにするのもオススメ。

 

■3:乳液ピーリング

過去記事「美容成分…ぐんぐん浸透!話題の“乳液ピーリング”で保湿&角質ケア」でご紹介した“乳液ピーリング”は、お手持ちのニベアやヴァセリンでも代用可。

詳しいやり方は記事をチェックしてみて。ニベアやヴァセリンの油分が毛穴の皮脂を絡めとり、蒸しタオルの蒸気で汚れを浮き上がらせるので、しっとりとした透明感のあるお肌に仕上がります。毛穴の汚れや乾燥が気になるときに定期的に行って。

 

■4:ポイントメイク落とし

アイメイクや口紅のリムーバーとして使えるニベアやヴァセリン。適量をコットンにとり、やさしくクレンジングしたい箇所にオンして数分放置。ポイントメイクがニベアやヴァセリンになじんだら、優しくふき取りましょう。

マスカラの場合は、コットンでまつげをはさんでそっとオフ。残りのメイクは、通常通りにクレンジングを行って。

 

■5:香水ベース

手首や首筋にあらかじめ、ニベアやヴァセリンを塗って香水をシュッとすると、香料がニベアやヴァセリンに取り込まれ、香りが持続します。

 

季節を問わず大活躍するニベアやヴァセリン。ほかにも様々な使い方があるので、ご自分だけのDIYを探してみてくださいね。

 

【関連記事】

ニベアに乳液…超絶使える!「毛穴の黒ずみ」手持ちコスメで解消テク

手持ちの「乳液」が春の肌に大活躍!美容ライターの技あり使用法3つ

春のうっかり日焼けにも即レス!頼れる「美白ケア美容液」最新3選

ヤダ…やりがち!「ヴァセリン」で肌トラブルを招くNGな使い方3例

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 2位ネガティブ「デキる男性がけして選ばない女性」の特徴1位は…

※ こんなに便利とは!「新しい本屋さんと図書館の新サービス」活用法

 

【画像】

※ © Roman Iegoshyn / 123RF.com