テレビを観ながら…バストUP!ぷよ肉にも効く「鳩のポーズ」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

分厚い冬服から、薄手の春服に衣替えの季節……みなさん気になるのが冬に蓄えたプヨプヨ脂肪では?

日頃の運動量はほぼゼロに等しいのに、いきなりランニングやジムに通うなんてハードルが高いと感じますよね。できれば自宅でテレビを観ながらゆっくりダイエットできたら……というのが本音なはず。

そこで今回は、『ポジティブスターヨガ』代表取締役の庄司ゆうこさんに、自宅で出来る、ダイエット効果があるヨガポーズを紹介して頂きました。

 

■女性らしいボディラインは“鳩のポーズ”で作ろう

“鳩のポーズ”はバストアップや、美しいボディラインを作ったり、脚の長さを左右均等に整えたり、猫背を矯正するなど、女性には嬉しいメリットが多いポーズです。

また庄司さんによれば、鳩のポーズにはホルモンバランスを整えてくれる効果も。腰椎のねじれをほぐすことで、骨盤周りの血流を良くしてくれます。骨盤全体が温まるので、子宮の血流も促進し、生理痛にも効果が期待できるそう。

 

■鳩のポーズのやり方

ヨガマットやバスタオルを用意するとやりやすいです。

(1)正座をして、両手を床につける。左膝を正座の状態のまま、少し前方へ出す。左足を内側に曲げて、かかとを体に引き寄せる。

(2)右足は後ろに伸ばす。後ろに伸ばした右足の太ももは全面を床につけて、膝を曲げる。右膝を曲げ、この時つま先は天井へ向ける。

(3)右足の甲を右肘で抱えて上体に近づける。左腕を天井へと伸ばし、肘を曲げて、脇を伸ばす。左手と右手を組み、このまま5呼吸キープ。

息を吸いながらゆっくりと手と足を解放し、反対側も同様に行います。

 

■ダイエット効果アップのポイント

庄司さんによると、足を正座から前後に大きく開く時は、左右の足のラインが一直線になるように意識するとよいとのこと。

“鳩のポーズ”は肘の内側につけた足先で、肘を少し後ろへ軽く押してみます。下半身で体を支え、上体を反らせば内臓にも心地よい刺激が。背骨を伸ばして胸を張り、お尻をキュッと引き締めるイメージを忘れずに。

「余裕があれば、目線は天井を見るように顔を上げるとさらに効果がアップします!」と説明する庄司さん。

 

呼吸を止めずに、ゆっくりと吸ったり吐いたりしながら行うと良いそう。テレビを観ながらなど、リラックスした時間の中でも取り入れてみましょう。

 

【関連記事】

※ 体格2割増しに見える原因は…「肩肉」!今すぐやめたいNG習慣2つ

※ 血流アップ!みるみる身体が目覚める「1分でスッキリ」朝ヨガ

※ 頑張ってもムダなんて!見直すべき「結局痩せにくい」ダイエット3選

※ 最大の敵は…ストレス!ダイエット中の「イライラ発散」5つの必勝法

※ 羽生結弦選手がお手本!手ぶらでOK「体幹」を鍛えるシンプル習慣

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ ショーン・Kの新芸名をたけしが命名!? 伝説の詐欺師「クヒオ大佐」って

※ ゲッやりがち!新たな環境で「仕事できない認定」されちゃうNG行動

 

【取材協力】

※ 庄司ゆうこ・・・「ポジポジポジティブ」を合言葉に、2010年『ポジティブスターヨガ(PSY)』を設立。「インストラクター全員が美人!タレントやモデル経験者が働くヨガ教室」という今までに無いコンセプトを発案。女性のためのビューティーヨガ、ダイエットヨガ、マタニティヨガ、産後ヨガ。男性でも通いやすいパーソナルレッスン、ゴルフヨガ。お年寄りの方にはシニアヨガ、お子様向けのキッズヨガ、親子ヨガなど幅広いニーズに対応。PSYヨガインストラクター養成スクールも開校、育成にも尽力中。