大本命チークは「カシスカラー」!顔タイプ別の失敗しない使い方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青みがかった深みのあるピンク色“カシスカラー”のチークは、2016年春の注目アイテム。可愛すぎることなく、ほんのりと上気した色気を演出してくれるカラーです。とはいっても、普段ナチュラルカラーのチークを使っている方にすれば、少し冒険色かも。

そこで今回は、コスメコンシェルジュの資格を持つ筆者が、顔の印象別に似合うカシスカラーチークの入れ方をご紹介していきたいと思います。

 

■1:シンプルな顔立ちの方

・フェイスラインがシャープ

・目が奥二重・一重、切れ長で涼しげ

・眉が薄い

・鼻筋が通っている、鼻が小さい

【カシスカラーチークの入れ方】

目の下から指1本分下がった位置に、横長にチークを入れましょう。まず、淡いカシスカラーチークを広めに入れたら、濃いカシスカラーチークをその中心に入れると自然に仕上がります。

 

■2:はっきりとした顔立ちの方

・フェイスラインが丸い、エラが張っている

・目がはっきりとした二重

・眉が濃い

・鼻が丸い

【カシスカラーチークの入れ方】

小鼻の横から指1~1.5本分外の位置に、3角形を描くようにチークを入れましょう。ブラシを使って調整しながら広げていくと良いです。可愛くなりすぎないように、シャープ感を意識して。

 

「流行色のチークを試してみたい」と思っているみなさん。ぜひ、メイク時の参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 平行眉どころか変眉に!「絶対やってはいけない」眉毛の描き方5つ

※ 「100均のオレンジチーク」ひとつで!一気に春っぽ顔テク3つ

※ 美眉のプロ指南!誰でも「上手に描ける」アイブロウペンシルの選び方

※ 知らないと手遅れに!どんどん「目元がたるむ」オバ化加速習慣5つ

※ 深田恭子を一気に「大人キレイ」に変えたメイクのヒミツ3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 冷めてきた夫婦の特効薬!夫婦円満になれるたった1つの言葉とは

※ 「抜け駆けプレゼント」で男性社員へアピール!重すぎない品物3選