後輩が…内心ウザッ!「昭和のお局さま認定」確実な魔のフレーズ4選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月に新入社員が入社する会社も多いのではないでしょうか。後輩から憧れられる先輩になりたいですよね。しかし、言葉ひとつで「あのお局さま、面倒くさい……」と煙たがられる存在になってしまうことも!

そこで今回は、過去に企業でのビジネスマナー研修を担当していた筆者が、後輩から煙たがられるNG発言を4つご紹介します。

 

■1:「私の若手時代はもっと苦労を味わったよ」

ランチや飲みの場で、自分の昔話を武勇伝のようにする先輩は少なくありません。中でも「私の若手時代はもっとキツかった」「今の若手はもっと苦労した方がいい」など、昔と今を比べる発言はNG。昔を知らない後輩からすると「そんなこと言われても……」と困惑してしまいます。

特に飲みの場でこの手の話を延々とされると、場の空気も重くなりがちです。後輩へのアドバイスは、昔と今を比べるのではなく、今現在のアドバイスを中心にしてみてはいかがでしょうか。

 

■2:「偉いね、毎日会社にオシャレしてきて」

毎日ヘアやメイク、ファッションに余念がない女性も少なくありません。髪をアレンジしたり、しっかりメイクをしたりして毎日出社する後輩を見て、「会社に来るのに、朝からそんな元気があってすごいね」などと思わず口にしてしまうこともあるかと思います。

しかし悪気なく言ったそのような一言が、後輩には「そんな時間があるなら早く出社しろってことかな?」「ヘアメイクが派手だと思われたのかな?」と、嫌味発言に受け取られてしまう可能性もあるので注意したいところです。

 

■3:「まだ若いから分からないかな~」

恋愛話であっても、年上の女性から「○○ちゃんはまだ若いから分からないかな~」などと言われると気分良くはないですよね。仕事でも同様です。「まだ若いから分からないかもね……」といった発言はNG。「バカにされている」と感じてしまう後輩も少なくありません。

若い・経験が浅いということは変えられるものではありません。悩んでいる後輩には年齢や経験で片づけるのではなく、より具体的なアドバイスをしてみてはいかがでしょうか。

 

■4:「もう私なんてオバサンだし……」

後輩を目の前にして「もう私なんてオバサンだし」と発言するのはNG。それを言われると後輩は困惑し、「そんなことないですよ……」と言うしかありません。あまりにその発言の頻度が高いと、後輩から「本当は思っていないくせに」「否定してもらいたいだけでしょ」と煙たがられてしまうことも。

相手がリアクションに困るような発言は控えた方がよいです。

 

以上、後輩から煙たがられるNG発言をご紹介しました。後輩から憧れられるような素敵な先輩を目指してくださいね。

 

【関連記事】

女子は言いがちだけど…「言った瞬間男はゲンナリ!」魔の5フレーズ

出た~っ毎年いるいる!「お花見であざとい女性」やりがち行動4つ

うそぉ…オバサン出てる?「イタババ」って確実に思われてる言動集

「オバサンの悪あがき」って言われてる!やるだけ損な若作りあれこれ

ミスると+5歳はオバさん顔!「老けない眉の描き方」プロが指南

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 会うの面倒くせ…彼が「デート前」に冷めちゃう女性のNG行動2つ

※ もっ…漏れちゃう!頻尿女子が「危機を乗り越える」ベストな選択4つ