女のヒミツの吹き出物!「お尻ニキビと黒ずみ」ができるNG習慣4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉やスパに行った時に自分の後ろ姿を見て、ハッとすることはありませんか? お尻のニキビや黒ずみは一度できるとなかなか治らなくて困りますよね。友達や彼に見られていたら……と思うと、しっかり予防をしたいところ。

今回は、お尻ケアの化粧品も開発しているビューティーカウンセラーの野口綾子さんに、お尻ニキビや黒ずみができるNG習慣を伺いました。

 

■お尻ニキビや黒ずみができる原因は?

お尻は、座る時に圧力がもっともかかるパーツであり、下着によって摩擦を起こしてしまう場所でもあります。日常的にダメージがかかったお尻の皮膚は、防御反応として角質を分厚くしたり、メラニン色素を過剰に生成したりします。

厚くなってしまった角質層は毛穴をふさいでしまい、皮脂が溜まってしまったりアクネ菌が増殖してしまったりと、ニキビや黒ずみができやすくなってしまうのです。

 

■お尻ニキビや黒ずみができやすいNG習慣4つ

(1)泡立ちの良いナイロンのタオルで体を洗う

ナイロンのタオルは皮膚に刺激を与えやすいです。なるべく綿や麻のものを使うようにしましょう。

(2)スクラブを使用し、強めにゴシゴシ洗う

お尻のニキビや黒ずみを気にして、ゴシゴシと刺激を与えてしまうと、いつもダメージを受けているお尻がさらにダメージを受け、お尻のニキビも黒ずみも悪化させてしまいます。

(3)長時間座っている

同じ体勢で長時間座っていると、お尻の皮膚に負担がかかり過ぎてしまいます。姿勢を変えたり小まめに休憩をとるようにしましょう。

(4)デザイン重視の汗を吸わない下着の着用

お尻が蒸れると湿度が上がり、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。なるべく吸湿性の高い綿や麻の下着を使うようにしましょう。

 

日頃何気なくしてしまっていることが、実はお尻ニキビや黒ずみの原因となっています。綺麗なお尻を保ちたい人は、ぜひ気をつけてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 男性が好きな「女性のアンダーヘアの形」第1位は…意外な結果に!

※ もはや危険行為!実は太るし生理痛も…「炭水化物抜き」5つの危険

※ 梨花も頼る健康食「ひじき」…実はヒ素が多く含まれるって本当?

※ 「デブ菌&ヤセ菌」の正体は?太るか痩せるかは腸で決まる

※ 妊婦だけじゃない!うつ病から口内炎予防まで「葉酸」を摂るべき理由

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 明日から申し込み殺到!? 専門家が伝授「デートに誘いたくなる女」とは

※ エッ…そんなコト!? 「社内恋愛中の2人が抱えてる」意外な悩み3つ

 

【取材協力】

※ 野口綾子・・・お尻ケア商品日本一のシェアをもつ、薬用ヒップケアジェルピーチローズを開発し、美に悩める多くの女性の相談を受けるビューティーカウンセリングも行う。株式会社ライブナビ リボーテスキンケアの商品開発室・執行役員。