うそっ!メイク前より目が極小…「アイラインのNGな引き方」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎朝のお化粧タイムでは、アイメイクに最も力を入れているという方も多いはず。メイク中はアップで鏡を見ているため気付きにくいのですが、出先で見たら「ん?こんなに目が小さかったかな……」と思うことはありませんか? せっかくメイクをしたのに、すっぴんの方が目が大きく見えるなんてもったいないですよね。

今回は、テレビや舞台等への出演でヘアメイクを学んだ筆者が、目が小さく見えるNGメイクとその解決法3つをご紹介します。

 

■1:どんな二重幅でも“太めのアイライン”は絶対NG

上まぶたを黒色で埋めてしまうのは、かえって目を小さく見せてしまうためNGです。さらに、上画像Aの方はせっかく上げたまつ毛も太いラインに隠れてしまっています。

二重、奥二重の方は目のきわに細く引き、二重幅の肌色部分を残しましょう。一重の方は目のきわに細くラインを引き、アイシャドウは目を開けた状態で2、3ミリ見える程度に抑え、黒く埋めすぎないように注意しましょう。

洋服やその日の目的によって濃いめのメイクをしたい場合は、リキッドではなくペンシルタイプのアイラインを使用してください。ペンシルで目のきわに極力細く引いてから、綿棒や指を使って上方向にぼかすと自然に濃くできますよ。

 

■2:線で囲ってしまうのはNG

アイラインで目全体を囲ってしまうのは、“私の目はここからここまで”と言っているようなもの。特に上まぶたの目尻から下まぶたの目尻を結んでしまうと、目が小さく見えてしまうため、NGです。必ず上まぶたの目尻は延長線上に伸ばしましょう。下まぶたにもラインを引きたい場合には上画像の矢印部分をあけ、抜け感をつくります。線を引くというよりは、上画像の赤い部分のようにまつ毛の隙間の部分に点を入れるイメージです。

 

■3:目の白い部分を減らすメイクはNG

白目の部分に黒いラインを引いてしまうとせっかくの目の大きさをつぶしてしまいます。下まぶたの目頭は白目の真下にあるため、ハイライトやラメ入りの明るいベージュのアイシャドウを入れ、白い部分を広げましょう(上画像の青い部分参照)。

黒目の真下には、黒目の幅だけ黒のアイラインを細く引きぼかします。黒目の部分が広がり大きく見えます(上画像の赤い部分参照)。

下まぶたの目尻にアイラインを引きたい場合は、白目を減らさないように黒は使わずブラウンのアイシャドウを引きましょう(上画像のオレンジ部分参照)。

 

NGメイクを避けることで、さらに目を大きく見せることができます。ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 3位で綾瀬&さとみ!? 「オレが女だったらこの顔になりたい」1位は…

※ 寄り目or離れ目さんの悩み解決!テク満載「バランスアイメイク」術

※ がっつりラインは逆効果!「奥二重」でデカ目になる簡単アイメイクテク

※ 1mmラインで…驚きのデカ目に!「女優のヒミツメイク」教えます

※ 愛されモテ子は断然「薄盛り」!春の出会い華やぐアイメイク術

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 漫画ファン歓喜!? 実写化が超ハマった「映画のイケメン」ベスト3

※ うっ…年齢バレバレ!20~40代それぞれ「アイクリーム」選びのコツ