2位はスウェット!お泊まりで「彼女が着てたらキツいパジャマ」1位は…

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼とのお泊りデートの日は、前日からドキドキしちゃいますよね。スッピンを見られることだけに意識がいってしまいがちですが、寝る時の衣類にも気を使えていますか? 自分では良かれと思っているパジャマでも、実は彼がゲンナリしてしるかもしれません……。

そこで今回、『美レンジャー』が、男性500人にパジャマに関するアンケートを実施。その結果をご紹介します。

 

■お泊まりした時に、彼女が着ていたらガッカリするパジャマは?

5位・・・ふわふわ&もこもこパジャマ(24人)

4位・・・ふりふりのネグリジェ(33人)

3位・・・セクシー系のネグリジェ(41人)

2位・・・スウェット(59人)

1位・・・ジャージ(153人)

やはりジャージは、大差をつけての1位でした。2位のスウェットにも言えることですが、“女の子らしさ”がまったく伝わらないのが原因かもしれません。

3位のセクシー系のネグリジェは、気合が入っているかのようにうつってしまい、彼を引かせてしまう恐れが……。また4位と5位のふりふりのネグリジェや、ふわふわもこもこパジャマのように、ガーリー感を出しすぎても、男性ウケはよくないようです。

シンプルに、襟付き前開きのパジャマや、ツヤツヤのシルク素材のパジャマが無難なようですね。

 

■快眠を妨げてしまうパジャマとは…

お泊りデートのパジャマはデザインも大切。ですが、睡眠の質はパジャマによっても左右されるので、快眠のために避けるべきパジャマの特徴をご紹介します。

(1)厚手のパジャマ

厚手のものや、サイズが大きすぎるものは背中でシワになったり、からまったりすることで寝返りの邪魔をしてしまいます。生地に伸縮性があるストレッチ素材やスムースニット、すべりのよいコットンや竹素材などを選ぶとよいでしょう。

(2)ぴったりすぎるパジャマ

ぴったりと体にくっつく小さめサイズは、無意識に脳にストレスを与えてしまうため、快眠を妨げてしまいます。程よくゆとりのあるサイズを選ぶようにしましょう。

また、快眠ができるかどうかは、肌触りでも大きく変わります。シルクやコットン100%などの天然素材がオススメです。

『美レンジャー』の過去記事「部屋着のまま寝ちゃダメ!“快眠を妨げる”NGパジャマとは」では、他にもNGなパジャマを紹介しています。こちらも参考に。

 

パジャマのセンスで、せっかく叶った恋が冷めてしまわないよう、上記の男性意見を頭の片隅に入れておきたいですね。

 

【関連記事】

※ うわぁ…出た!休日の「ご近所スタイルが最悪にダサイ人」特徴3つ

※ こんな寝方はアウト!みんな誤解してる「勘違い睡眠前習慣」3つ

※ 彼ドハマり!「お泊まり翌朝」にするとオトコ心に突き刺さる行動4つ

※ 3月中にムダ毛問題リセット!自宅で行う「セルフ脱毛」のメリ&デメ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ あなたは大丈夫!? 「仕事中に汗クッサー女になりがちな職業」1位は

※ 外食ばかりの独身女性へ!「無理に自炊しなくてもいい」3つの理由

 

【画像】

※ Matusciac Alexandru / Shutterstock