今夜からヤメて!下を向いてすすぎもNG「臭い&トラブルを招く」洗髪習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線が強くなり、汗をかきやすくなるこれからの季節は、ヘアケアにも気合を入れる必要があります。特別なケアをする前におさえておきたいのが、髪のダメージや老化を加速させてしまうダメな習慣。

そこで今回は『美レンジャー』の過去記事より、様々な髪トラブル、臭いの原因となるNGな行為を3つピックアップ!

 

■NG1:洗髪前のスカルプマッサージが老け髪に!?

過去記事「今日からヤメて!白髪に抜け毛…“老化がぐんぐん加速”NGヘアケア」によると、オイルマッサージで頭皮をマッサージする場合は、シャンプー・コンディショナー後がオススメ。

オイルで頭皮をマッサージし血行を促進してあげると、頭皮の新陳代謝が整い白髪やフケを予防しますが、洗髪後にオイルマッサージをすると、毛穴がつまり様々な頭皮トラブルの原因に。

シャンプー前にオイルをつけて頭皮の皮脂をオイルで浮き上がらせると、頭皮が柔らかくなりシャンプーの洗浄力も高めます。

さらに、シャンプーやコンディショナーは上を向いてすすぐことが大切。下を向いてすすいでしまうと、シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが頭頂部に集まって毛根を詰らせ、栄養と酸素が髪にいきわたりません。

洗髪後はタオルで水分を十分ふきとることが重要ですが、髪の毛をタオルでごしごし擦ってしまうとキューティクルにダメージを与え、切れ毛を増やし、艶のない老け髪になるので気をつけて下さいね。

 

■NG2:シャンプーの仕方で頭皮がクサくなる!?

以前ご紹介した「今日からヤメて!髪を濡らして即シャンプー他“NGな髪の洗い方”3つ」では、下記のNGな洗い方に警鐘を鳴らしています。

(1)熱いお湯での洗髪

熱いお湯は頭皮に必要な油分まで洗い流し、頭皮が乾燥します。そして、乾燥から皮膚を守るために皮脂が過剰に分泌され、ニオイの原因に。37℃以下の“ぬるい”と感じられるお湯でやさしく洗髪しましょう。

(2)髪を濡らして即シャンプー

シャンプーはしっかり泡立てて使うのがマスト。ワックスや髪の汚れ程度であれば、泡をのせているだけでも汚れを吸着してとってくれるので、髪の毛を擦ってシャンプーする必要はないのです。

(3)洗髪のすすぎはしっかり

洗髪後に髪がつるつるすべすべになっていたら、すすぎが足りない証拠。シャンプーやコンディショナー剤が髪に残っていると毛根をつまらせ、肌荒れや髪トラブルを引き起こします。髪を触ったらキュッと指が止まるぐらいがすすぎの理想です。

 

■NG3:ケーキの食べすぎは頭がクサくなる!?

過去記事「ショック!毎日洗っていても“頭くせぇ”って思われるNG習慣4つ」では、下記の習慣が頭皮のニオイを発生させてしまうとの警告が。詳細はぜひ記事でチェックしてみてくださいね。

(1)揚げ物やスイーツなど脂肪の摂りすぎ

(2)濡れたままの髪でいる

(3)頭皮の汚れ

(4)洗いすぎによる乾燥

 

まずはご自分のヘアケアを見直して、リッチな潤い髪でピカピカ美人になりましょう!

 

【関連記事】

深田恭子もバングス変えた!「アラサーのパッツン前髪」3つの掟

井川遥の大人ヘアを「短い前髪」で!なんちゃって流しバングの作り方

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 外見を磨くより確実!元カレと復縁したいなら絶対磨くべき内面4つ

※ ヒソヒソヒソ…!「門外不出のナイショ話」を絶対に聞かれない方法4つ

 

【画像】

※ © akz / 123RF.com