知らないと手遅れに!どんどん「目元がたるむ」オバ化加速習慣5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイラインやマスカラが滲んだり、目のクマが直らなかったりするのは、目元がたるんでいるサイン。目元のたるみは一日で起こるわけではなく、生活習慣の積み重ねが原因です。

そこで今回は、美容ライターである筆者が、目元のオバ化がどんどん加速しちゃうNG習慣をレクチャー! 加齢に負けない涼しげな目元を実現しましょう!

 

■1:スマホ・PCの酷使

スマホやノートパソコンをずっと見ていると、常に目線が下がった状態で筋肉が固まってしまいます。すると血行が悪くなり皮膚のハリが失われ、まぶたのたるみの原因に。30分毎に目を数分休ませ遠くを見る、寝る2時間前はスマホを触らないなど、目を休ませてあげるルールを決めましょう。

さらに、スマホやPCを見る際は以下の点を調整しましょう

(1)ディスプレイから40cm以上目を離す。

(2)ディスプレイの上の部分が、目の高さと同じくらいかやや下にくるようにする。

(3)スクリーンの明るさやコントラストを、目が疲れないように調整する。

(4)フォントやブラウザの設定を大きくする。

 

■2:UVカットのサングラスをしていない

皮膚の柔軟性と弾力性を保つコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった真皮にある成分が、加齢とともに減少していきます。

加齢、紫外線、ストレスが肌の老化の原因となる活性酸素を過剰に作り出し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を防ぎます。

加齢はどうしようもないので、まずは目元を紫外線から守り、目元のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の減少を防ぐのが大切。これからの季節、外出時はUVカットをするサングラスをかけましょう。

 

■3:睡眠不足

紫外線に加えてストレスも肌の加齢を加速させます。ストレスを軽減させるには睡眠が一番。規則正しい生活・食習慣を心がけて毎日たっぷり眠りましょう。

睡眠不足で目にクマができたときは、目元に温かいタオルなどを数分のせるなどして目の周りの血行をよくしてあげると、目のクマが改善されますよ。

 

■4:アイメイクを雑に落としている

目の周りの皮膚はとても薄く、ひっぱったりこすったりするとたるみや色素沈着の原因となります。

お化粧を落とすときに一気に顔をクレンジングしてしまいがちですが、アイメイクは専用のリムーバーをコットンになじませて優しくふき取りましょう。

 

■5:目元の保湿が不十分

傷つきやすい目元の表皮は十分に保湿をしてあげないと、肌のバリア機能が低下し、たるみやシワの原因に。

アイクリームがなくても保湿剤を使って、目の周りをマッサージしながら保湿する習慣を作りましょう。定期的なアイパックもオススメ。下記の画像を参考に。

 

これからは紫外線がどんどん強くなる、目元のオバ化、加速防止強化シーズンの到来ですよ!

 

【関連記事】

将来まぶたが「たるむ人orたるまない人」…分かれ目NG習慣が判明!

1日2分の「クマ」対策!マッサージ&隠しテクで…目元パッと明るく

別名…カラスの足跡!くっきり「目尻のシワ」を薄くする簡単ケア3つ

ほうれい線より破壊力!? オバ見え「ゴルゴライン」1日5分で防ぐテク

今すぐやめて!5年後に「首に深~いシワが刻まれる」10のNG習慣

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ バレリーナが伝授!「たっぷり食べてもスリムをキープ」するコツ3つ

※ げっ…常温でもアウトなの?代謝がアップする「正しい水の摂り方」3つ

 

【画像】

※ © Robert Przybysz / OLena Okhremenko / 123RF.com