自覚症状ナシで重症化も!腕もガチガチ「スマホ時代のコリ」4パーツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホを使うことで、ストレートネックや酷い首コリに悩まされる人が増えてきました。

これまで5,000人以上の体を診てきた経路整体師の朝井麗華さんは、「頭と目の周囲の筋肉と筋膜がガチガチな肩が、ここ5年ほどで急増した」と話します。

目や頭のコリは早めにセルフケアする人が多いのですが、それ以外にもストレスや緊張の多い現代的なライフスタイルのために、これまでになかった場所にコリが生じているといいます。

今回は、朝井さんの著書『おっぱい番長・朝井式 筋膜ゆるめ あきらめていたコリがスッキリ!』から、“現代コリ”が出やすい頭や首と、自覚しにくいパーツを合わせて見ていきたいと思います。

 

■1:ガチガチ頭皮で頭痛や慢性疲労も

「本来の頭皮はこめかみの皮ふと同じくらい柔らかいのですが、頭のてっぺんの頭皮に触れると、張っていたりむくんでいたりする人がほとんど」(朝井さん)

放置すると頭痛や疲れ目、抜け毛、慢性疲労などにつながるので、早めのリセットが肝心。

 

■2:目周りのコリは現代病

スマホやPCの長時間の使用で酷使される目の周りの筋肉。

「ディスプレイの細かい文字を追っていると、目周りの筋肉がコリ固まり、眼精疲労となります。眉毛の上や目周りの骨ギワに触れると痛いという人も多いはず」(朝井さん)

 

■3:腕の詰まりは心の詰まり

デスクワークが続く人、スマホをいじってばかりの人は、腕にもかなりの疲労が蓄積しています。

「腕の使い方は肩周りの筋肉にも大きく影響するので、ひどいコリは腕もほぐすと治りがはやくなります。腕の内側は自律神経やストレスに関わる経絡が走っているので、ここをほぐすことで気持ちもすっきりしますよ」(朝井さん)

 

■4:呼吸のクオリティが決まる肋骨

肋骨が開いたり閉じたりする動きにつられて動く肺。

「肋骨と肋骨の間の筋肉(肋間筋)が硬くなると呼吸が浅くなり、取り込める酸素の量が減ってしまうことに。ストレッチや筋膜をゆるめることでほぐしていきましょう」(朝井さん)

 

思わぬところにコリが溜まっていて、とくに腕や肋骨のコリは自覚しにくいので、重症化する人が多いようです。胸を大きく開くストレッチや、腕のマッサージを習慣にしたいですね。

 

【関連記事】

※ 体格2割増しに見える原因は…「肩肉」!今すぐやめたいNG習慣2つ

※ 4つの簡単対策で「肩こり知らず」!インストラクター実践なるほど技

※ タオル1枚…1つの動きで!肩こり・胸の下垂を防ぐ「スゴエクサ」

※ 全部250kcal以下!野菜多めに糖質少なめ「女子が嬉しいカップ麺」3選

※ いくつ知ってる?便秘をスルリ解消「水溶性食物繊維」モリモリ食材8つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 小島瑠璃子も0.6度UP!たった小さじ1杯で体温が上がる食べ物とは

※ 春からお稽古はじめるなら?働く美女子に「料理教室」がイイ理由

 

【参考】

朝井麗華(2015)『おっぱい番長・朝井式 筋膜ゆるめ あきらめていたコリがスッキリ!』(KADOKAWA)