3月中にムダ毛問題リセット!自宅で行う「セルフ脱毛」のメリ&デメ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやく暖かい日が増えてきました。そろそろ“肌見せ”の季節です。みなさん、ムダ毛の処理は済んでいますか? なかには、「まだこれから……」「処理方法に迷っている」という方もいるでしょう。

そこで今回は、自宅でできるセルフ脱毛3種のメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

 

■1:電気シェーバー

手軽にムダ毛処理をしたい方には、電気シェーバーがオススメ。カミソリに比べて、刃が直接肌に触れにくいため、カミソリ負け・肌荒れの心配が少なく済みます。

ただし、使用する電気シェーバーによっては、処理後の毛の断面が目立つことも……。選ぶときは慎重に。

 

■2:除毛クリーム

除毛クリームは、毛(タンパク質)を溶かして処理します。“塗って、一定の時間おいてから洗い流すだけ”と簡単に使用できるのですが、肌が弱い方・デリケートな部分の処理には不向き。必ずパッチテストをおこなってから使用しましょう。

また、近頃では、肌に優しい除毛クリームも販売されているので、探してみると良いかも。

 

■3:ワックス

毛の生えている部分にワックスを塗り、一気に剥がす“ワックス脱毛”。ワックス脱毛は、電気シェーバーやカミソリによる処理と比べて長持ちする、処理後の肌がツルツル、生えてくる毛がチクチクしないといったメリットがあります。

その反面、デメリットとしては、痛みをともなったり、毛だけではなく角質も剥がすため肌への負担が大きかったり、埋没毛の原因になったりすることも。

 

「これだ!」という方法は見つかりましたか? もし、「セルフ脱毛は心配……」だと思ったら、これを機にエステでの脱毛や、病院での医療脱毛を検討してみても良いかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ お泊りデートが最悪に!彼のテンションガタ落ち「魔の下着」5つ

※ ヒゲじゃないよ…ウブ毛です!女のヒミツ作業「鼻下の処理」3つの方法

※ あ~ぁ知らぬ間にドス黒!「ビキニラインが汚くなる」3つのNG習慣

※ 「毛は剃ると濃くなる」問題をジャッジ!勘違いだらけのムダ毛対策

※ 男性が好きな「女性のアンダーヘアの形」第1位は…意外な結果に!

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 加藤紗里は否定…男に聞いた「整形でもOKな女性のパーツ」1位は

※ もうショボショボ目に悩まない!3分でできる「瞳美人の対処法」3つ

 

【画像】

※ Lucky Business / Shutterstock