女の秘密のワキ汗ケア…「疲労クサ子」にならないための対策4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃では、お仕事が忙しくて連日遅めの帰宅……という女性も珍しくありません。仕事を終えて帰宅する頃にはグッタリ、なんていう方もきっと多いのではないでしょうか。

しかし、そんな時こそ要注意! バリバリ働いて汗をかき、さらに疲労している時の汗のニオイは気になるものです。自分では気づかないうちに、周りの同僚から、「あの人クサい……」なんて思われているかもしれません。

ニオイの問題というのは非常にデリケートなので、なかなか人に注意できないのが現実です。また、中には「他人のニオイは気になるけれど、自分はどうなのかわからない」と、不安に感じている方も少なくないようです。例えば、急いでエレベーターに乗り込んだ時にニオイを感じて、それが他人のニオイなのか、もしかしたら走ってきて汗をかいた自分のニオイなのか?と心配になったり……。

そんな“働く女性と汗のニオイ”の悩みや対策について、実は先日、「エージーデオ24」(資生堂)が開催する“働く女性と汗のニオイ”について語る「エディターズサミット」に参加してきました。

働く女性たちのリアルな声が詰まった内容を、今回はご紹介させていただきます。

 

■働く女性がしている“汗のニオイ対策”4つ

今回、参加した皆さんが工夫されていた“汗のニオイ対策”を4つご紹介します。

(1)制汗剤で予防

汗をかいてもニオイに悩まされないように、お出かけ前にロールオンタイプの制汗剤を塗布。外出先で汗をかいた時はボディーシートで拭き取り、携帯したミニサイズのパウダースプレーで対策をする。

(2)ナイロン素材の服は避ける

汗が服についたら、服から臭ってしまうので、ナイロン素材の服はできるだけ避ける。そしてコットン素材など、湿気を逃がす服を選ぶように心がける。

(3)ノースリーブの服は避ける

ノースリーブの服は、ワキの汗のニオイが目立ってしまうので、袖のある服を選ぶようにする。

(意外と男性は見てるようです!)

(4)インナーやワキ用パットなどを着用

シルバーや炭など、ニオイを断つものを練りこんだインナーを着たり、汗ワキパットを付けたりして、洋服に汗がつかない対策をする。

皆さん、予防だけでなく汗をかいた時の対策にも気を使われているようでした。

エディター・ライター達のさらに詳しい対策はこちら

 

■シーン別に使い分けられる!リニューアルした『エージーデオ24』

みなさん、色々な汗対策を行っているものの、やはり制汗剤は必要不可欠のようでした。

今回、『エージーデオ24』から新商品が発売されたのですが、デオドラント機能はもちろん、肌ケアにも着目。携帯にも便利なので、24時間いつでもどこでも快適なお肌でいられるとのこと。

筆者も実際に試してみたのですが、今まで、ロールオンは乾きづらくべたつくイメージから、サラサラ肌にさせるために上からボディーパウダーで抑えていたのですが、しかし、今回登場した『エージーデオ24』のロールオンを使ってみてビックリ! 速乾性に優れており、乾いた後もパウダーを重ねたようなサラサラ肌になりました。

例えば朝出かける前、ワキの下に直塗りタイプのロールオンを、外出先で汗をかいてしまった後はシートで拭き取り、首周りや胸もとなどのボディにはパウダースプレーを、といったように使用する箇所やシーンで使い分けてみるのもオススメです。

 

香りのバリエーションも豊富なので、気分によって使い分けてみるのもいいですね。今年は、肌ケアも考えた制汗剤で、汗対策をしてみてはいかがですか?

 

【参考】

※ エージーデオ24 – 株式会社 資生堂

 

Sponsored by 株式会社 資生堂