白・黒・黄ニキビ…同じケアは致命的!色別で覚えておきたい対処法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白や赤、黄色……。春の花の色ではありません! ニキビにも種類があるのです。季節や環境の変わり目の今、ポツポツとできるニキビにお悩みのみなさん、「ニキビが出来たときはコレ」と、毎回同じようなケアをしていませんか?

ニキビは、種類別に適したケアをしてあげることが完治への近道です。

そこで今回は、コスメコンシェルジュの筆者が、種類別ニキビの対処法についてお話していきたいと思います。

 

■1:白ニキビ

白ニキビは、ニキビの初期段階。毛穴の出口部分がふさがって皮脂が溜まった状態ですが、まだ炎症は起こしていません。

気になる部分には、ピーリング効果のある化粧品を使って毛穴の詰まりを改善しましょう。

 

■2:赤ニキビ

毛穴内で増殖したニキビ菌が炎症を起こし、毛穴のまわりが赤く腫れ、痛みをともなうのが“赤ニキビ”。赤ニキビができてしまったときは、とにかく肌への刺激・負担を最小限に抑えることが大切です。可能であれば、ファンデーションの使用も避けたいところ。

ケアとしては、抗炎症成分や殺菌効果のある成分が配合された化粧品を使うことをオススメします。

 

■3:黄ニキビ

黄ニキビは、炎症を起こしたニキビがさらに悪化し、膿を持っている状態。炎症が肌の奥深くまで達しているため、ニキビ痕として残る可能性が高いです。

膿がたまっている間は、赤ニキビと同様に刺激・負担を抑えましょう。食生活の改善もニキビの治りを早めるので、ビタミンA・B・C・Eの摂取を意識してみてください。膿が出たら、ニキビ痕を残さないための美白ケアを始めて。

 

■4:黒ニキビ

黒ニキビもニキビの初期段階。白ニキビから分泌された皮脂が空気に触れて酸化し、黒く目立つようになったものです。

丁寧な洗顔や、抗酸化作用の高いビタミンC配合の化粧品を使うことが効果的です。

 

ニキビは、ケア次第で早く治ったり、痕が残ったりすることがあります。種類別に適したケアをして、1日も早くニキビとサヨナラしたいものです。

 

【関連記事】

※ ブツ黒毛穴じゃ…接近戦で彼ドン引き!「14日で小鼻ツルン」本気対策

※ 一気食いorチョコチョコ食い…「ニキビ」に直結するスイーツの食べ方は?

※ 突然ポツン…「顎ニキビ」の原因にも!冷えを撃退する温活テク3つ

※ できる理由もケアも違う!知らないと長引く「場所別・ニキビの対処法」

※ 別名…カラスの足跡!くっきり「目尻のシワ」を薄くする簡単ケア3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 2位は平子理沙「美容に死ぬほど金かけてそう」な女性芸能人1位は…

※ 美容院代大幅カット!プロ直伝「前髪セルフカット」を成功させるコツ

 

【画像】

※ Vladimir Gjorgiev / Sutterstock