卵も…アミノ酸スコア100!美の源「高タンパク質食材」おすすめ3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですがみなさん、普段の食事で“タンパク質”の摂取を意識していますか? タンパク質は、肌や髪・筋肉・爪を作るキレイの元。取り入れないなんてもったいない!

そこで今回は、ビューティーフードアドバイザー・ヨガインストラクターとして活動する筆者が、日頃から意識して取り入れている高タンパク質食材をご紹介していきたいと思います。

 

■1:牛赤身肉

体内でアミノ酸に分解されるタンパク質。アミノ酸は20種類あり、そのうちの11種類は体内で作り出すことができます。そして、残りの9種類は体内で作り出せません。これらを必須アミノ酸といい、その含有率を表すアミノ酸スコアが高いものを“良質なタンパク質”だと言うことができるのです。

まずは牛赤身肉。アミノ酸スコアは100! つまり、必須アミノ酸がバランスよく含まれる食品ということ。肉自体に脂肪が少なく、さらに脂肪燃焼を促すL-カルニチンが含まれるので、ダイエット中の方にもオススメです。

一日の摂取量は、指を除いた“手のひら大”、“手のひらの厚み”を目安に。

 

■2:鮭

鮭もまた、アミノ酸スコア100と、良質なタンパク質に分類されます。

高い抗酸化作用を持つアスタキサンチン酸が、老化や生活習慣病の原因となる活性酸素を除去。肌のシミ・シワが気になる方の美容面にもアプローチするオススメ食材です。

 

■3:卵

「完全栄養食」と称される卵。こちらもアミノ酸スコア100。ビタミンCを除くほとんどのビタミン・ミネラルをバランスよく含みます。料理に手軽に取り入れることができるため、重宝するでしょう。

1日2~3個を目安にどうぞ。

 

その他にも、納豆や豆腐・味噌・豆乳などの大豆食品もアミノ酸スコアが高く、かつ低脂肪でオススメです。カフェでドリンクを飲むときは、牛乳から豆乳に変えてみるのも良いですね。

タンパク質を毎日の食事にバランスよく取り入れて、キレイを育みましょう。

 

【関連記事】

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

※ 筋肉のない体に色気なし!アラサーの「しなやかボディ作り」基本3点

※ 痩せる体には絶対必要!「筋肉」をほどよく作る食事のコツ

※ 生理前の食欲&イライラ解消!「女性が摂るべき食材」専門家が解説

※ 聴くだけで痩せる!? 心もスッと整う「噂のモーツァルトダイエット」

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 3位は水で紅茶は圏外!? 彼が「オフィスで飲んでるもの」トップ3

※ 5位は明るい安村「結婚してると知って驚きの男性芸能人」ランキング