美眉のプロ指南!誰でも「上手に描ける」アイブロウペンシルの選び方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然でキレイな形の眉を描くには、描き方に加えて眉メイクアイテム選びも重要です。アイテムの選び方ひとつで、眉の描きやすさが変わり、仕上がりが良くも悪くもなります。

そこで今回は、美眉アドバイザーとして活動する筆者がおすすめする、アイブロウペンシルの選び方のコツを3つご紹介します。

 

■先が細いものがおすすめ!キレイな眉が描けるペンシルの選び方3つ

アイブロウペンシルを選ぶときは、以下を参考にして選んでみてください。

(1)先が細いペンシルを選ぶ

アイブロウペンシルには、削って使う鉛筆タイプのものと、繰り出しタイプの2種類があります。この2つはどちらを選んでも構いません。ただし、ペンシルは先が細いものを選んだ方が眉尻が描きやすいのでおすすめです。

先が太めのペンシルは肌に触れる面積が大きくなることから、線が太くなりやすく、描きたい部分とは異なる部分に線を引いてしまうこともあります。そこで繰り出しタイプの場合は、先が細いものを選ぶ方が失敗が少なくおすすめです。鉛筆タイプのものは、毎回軽く削って先が細い状態で描いてくださいね。

(2)芯が柔らかいものを選ぶ

アイブロウペンシルの芯が固いと肌に色がのりづらく、思うように上手く描けません。また、芯が肌にあたったときに痛みを感じたり、肌への刺激になったりすることもあります。毎日皮膚に刺激を与え続けることで、眉の中にニキビができてしまうこともあります。

芯が柔らかいものの方が理想の眉の形が描きやすく、肌への刺激にもなりにくいです。店頭にあるテスターで実際に眉や手の甲に描いてみて、芯が柔らかくて描きやすいと感じるものを選ぶとよいでしょう。

(3)スクリューブラシがついているものを選ぶ

ペンシルで眉を描いた後、スクリューブラシでぼかしていますか? 眉尻はペンシルで描いたままでもOKですが、その他の部分はペンシルで描いたままだと輪郭がハッキリし過ぎてしまうので、描いた後にスクリューブラシでぼかすと自然な眉に仕上がります。

そこでペンシルの後ろにスクリューブラシがついているものを選ぶとよいです。スクリューブラシは単体でも販売されていますが、ペンシルの後ろについている方がすぐに使えて持ち運びも便利です。

 

■面倒くさがらずに店頭で試してみることが大切

アイブロウペンシルは、先の細さや芯の固さによって描きやすさが異なります。使用するアイテムを変えただけで「え!こんなに描きやすいの?」と驚く人も少なくありません。アイブロウペンシルを選ぶときは、必ず店頭で試してみて、描きやすいと感じるものを選ぶとよいです。

また、自然に仕上げるにはアイブロウペンシルの色選びも重要です。『美レンジャー』過去記事「あぁ…みんな残念!眉メイクの基本“色選び”成功の秘訣2つ」を参考に、自然に仕上がる色を探してみてください。

 

これらを参考に、アイブロウペンシルを選んでみてくださいね。

 

【関連記事】

平行眉どころか変眉に!「絶対やってはいけない」眉毛の描き方5つ

ミスると+5歳はオバさん顔!「老けない眉の描き方」プロが指南

石原さとみに中村アンも!「真似ると失敗しがち」芸能人の眉3パターン

なんか顔がチグハグ!「眉でメイク台無し女子」のやりがちNG4つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ コスト0円!皮膚科医が教える「意外なほど簡単すぎる」美肌術とは

※ 気づいて!働き女子がやりがち「彼のプライドを傷つける」セリフ3つ