30歳超えたら…危険!? 「アイシャドウのグラデ」老け見え3パターン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目のキワに向かって濃い色を重ねていく、グラデーションメイクといえば、アイシャドウの基本。でも年齢が変わって目元の肉や皮膚のたるみが変化しているのに、そのグラデーションのままでは、逆に老けて疲れた印象を与えている可能性もあります。

特にアラサー、アラフォーは年齢が目元に現れ始める時期でもあり、とっても危険。そんな、“グラデーションアイメイクを止めた方がいい”目元の特徴についてご紹介します。

 

■1:たるみシワシワ目

まぶたが加齢によってたるんでくると、目に小さなシワが出やすくなります。そんなシワシワになった目元ではグラデーションメイクをしても、シワでシャドウがヨレるだけで、お婆さんのように老け込んで見える一方。

そんな場合は、グラデーションアイシャドウを思い切って止めてみましょう。ブラウン系のアイラインを薄く引くだけにしておくと、グラデーションアイシャドウをしていたときよりも目元のシワが目立たず、すっきりと見えます。

 

■2:どんよりくすみ目

目のまわりは皮膚がとても薄く、肌の色が悪くなりがち。そんなくすみを隠そうと、アイシャドウをグラデーションにしてたっぷりのせているのなら、ちょっと待って!

くすみをごまかすため、ついシャドウの量が多くなって厚塗りになりがちですから、1色のアイシャドウだけに変えてみましょう。

薄いラメ入りのピンク系シャドウなら、肌になじみながらくまやくすみを抑えてくれます。こんな色をさっと、薄くアイホール全体にのせるだけにすると、ごってりアイメイクを予防しながらキレイに見せてくれます。

 

■3:華やか派手目

元々華やかな顔つきの人は、がっつりグラデーションアイシャドウを施すと、派手でケバい印象になりがちです。

ベージュやブラウンなどの落ち着いたシャドウ1色を、さっと塗るだけにしておくと、シンプルな仕上がりできれいなお姉さん風になれます。

 

「篠原涼子に井川遙も!20代より断然“今がgoodキレイな女性”特徴3つ」でも紹介していますが、篠原涼子や井川遙のような自然体美人を目指したいなら、グラデーションアイメイクは止めて、すっきりとしたアイメイクにシフトしていくと良いですよ。

「あぁ…頑張りメイクが裏目に!“古クサ顔に仕上がるNG”プロが指摘」もぜ参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 将来まぶたが「たるむ人orたるまない人」…分かれ目NG習慣が判明!

※ 紗栄子に石原さとみも!「激モテ子が実践する」たった2つのメイク術

※ 美人の条件!「鼻と口の距離が近く鼻筋シュッ」が叶うメイクテク2つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 3位は水で紅茶は圏外!? 彼が「オフィスで飲んでるもの」トップ3

※ 5位は明るい安村「結婚してると知って驚きの男性芸能人」ランキング

 

【画像】

※ Karramba Production / Shutterstock