1日2分の「クマ」対策!マッサージ&隠しテクで…目元パッと明るく

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不摂生してそう」「疲れてそう……」。目の下にクマがあると、このように見られてしまいます。とは言っても、スマートフォンやパソコンを使い、目を酷使しながら仕事をする方、どうしても早い時間に就寝できない方……、ライフスタイルを変えるのは難しいですよね。

そんな方にオススメしたいのが、簡単“クマ消し”マッサージ。目の下のクマにお悩みの方は、下記の手順に沿って試していきましょう。

 

■簡単“クマ消し”マッサージ

(1)両手の人差し指・中指・薬指の3本の指を上まぶたに当て、目頭からこめかみに向かって軽く押し流す(5回)。

(2)(1)の3本の指を額の中央に当て、こめかみに向かって軽く押し流す(5回)。

(3)(1)の3本の指を下まぶたの目頭に当て、こめかみに向かって軽く押し流す(5回)。

目の周辺は皮膚が薄いので、強く押したり、ゴシゴシこすったりしないように気を付けながらおこないましょう。

 

■タイプ別コンシーラーの選び方

「それでもまだクマが……」という方は、コンシーラーを使って隠していきましょう。ここで大事なのが、コンシーラーの色選び。自分のクマのタイプに合ったものを選ぶ必要があります。

(1)青クマタイプ・・・オレンジ系のコンシーラー

(2)黒クマタイプ・・・コンシーラーを使うより、凹凸を埋める化粧下地やオレンジ系のコントロールカラーを使うと良い

(3)茶クマタイプ・・・イエロー系のコンシーラー

 

環境や人間関係の変化が多い春。目元をスッキリと明るくさせて、「元気そうな人」「活き活きした人」という印象を周囲に与えちゃいましょう。

 

【関連記事】

※ 朝やると「夕方の老け顔」を必ず招く!実は逆効果なNG習慣3つ

※ ファンデじゃ隠せない!「ドス黒いクマ」をサッと消すテクをプロが指南

※ オバ顔の元凶…あなたはどのタイプ?「くまの4原因」を専門医が診断

※ あなたのタイプは?「青or黒or茶くま」を一瞬で診断…コンシーラー案内

※ あぁ…頑張りメイクが裏目に!「古クサ顔に仕上がるNG」プロが指摘

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 2位土屋アンナより「何度結婚しても離婚しそう」な女性芸能人1位は?

※ 仕事しながらヤセる!? 「オフィスで脂肪がガンガン燃える」裏ワザ3つ

 

【画像】

※ Marius Pirvu / Shutterstock