げッ…NG全部してた!「ぺちゃんこ薄毛」を招くドライヤー使い5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイムレスな美しさをキープするには、ヘアも大切な要素。年を重ねると髪の毛が細く艶がなくなり、全体的にボリュームダウンして貧相な印象になっちゃうのが悩みですよね。

そんな悩める女子へ朗報! 私たちが毎日使っているドライヤーの使い方次第で、ぺちゃんこ髪や薄毛をかなり防ぐことができるんですよ。今回は、美容ライターである筆者が、老け髪の原因ともなるドライヤーのNGな使い方を5つご紹介します。

 

■NG1:すぐに髪を乾かしていない!

お風呂から上がり髪にタオルを巻きつけたまま、しばらくぼーっとしてしまいがちですが、それは大きな間違い。

濡れた状態の髪はキューティクルが開いているので、すぐに乾かさないと髪がダメージを受けてしまいます。また、頭皮が濡れたままだと冷えてしまい、血行不良で抜け毛や雑菌が増えてしまうというリスクが伴います。

 

■NG2:ヘアケア剤をつけないままドライヤーで乾かす!

ドライヤーの熱を長時間髪にあてると、髪の毛にダメージを与えてしまいます。タオルドライ後、ヘアトリートメントやドライヤー専用のヘアケア剤をつけてドライヤーの熱から髪を守り、短時間でドライヤーを使用するよう気をつけましょう。

ドライヤーを使うときは根元から乾かすと、ドライヤー使用が短時間で済みますよ。

 

■NG3:ドライヤーが髪に近すぎる!

ドライヤーをあてるときは髪から20cmほど離さないと、熱がキューティクルを傷めてしまい、髪の毛の艶が美しく出ません。

タオルドライをするときは十分に水分をとってあげると、髪からドライヤーを離して使っても短時間で乾かすことができます。

 

■NG4:冷風を使っていない!

髪がほぼ乾いたらドライヤーのモードを冷風に切り替えてあげると、開いたキューティクルが閉じ引き締まります。艶とコシが豊かで健康的な髪を保つために、最後は冷風モードで乾かしましょう。

 

■NG5:ブラッシングでフィニッシュしていない!

ドライヤーが終わったら天然の動物毛のブラシで優しく髪を梳かしましょう。ブラッシングにはキューティクルを整える効果があります。

頭皮から髪先までブラシでやさしく押さえるようにブラッシングすると、頭皮の血行を改善し、髪全体に頭皮の皮脂を行き渡らせ艶やかな髪に。ブラッシングの頭皮への刺激は細胞を活性化し、フケや抜け毛も改善します。

 

日々のちょっとしたヘアケアの積み重ねで老け髪よさらば! 艶髪で女を格上げしましょう!

 

【画像】

※ Glamorous woman blow drying her curled hair

 

【関連記事】

勘違いしてる人多数!「髪を濡らして即シャンプー」がNGな理由

※ ゲッ…毎晩してる!髪が「パサつき広がる」残念すぎる乾かし方4選

今すぐやめて!5年後…激ヤバ「目の下がシワシワになる」10のNG行動

長澤まさみは前髪バック!女優をマネっこ「お呼ばれヘアアレンジ」4つ

※ 中村アンに神崎恵…「ゆる巻き脱力ヘア」はブラシ使いでほら!イイ感じ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 1位GACKT「イケメンでも彼には嫌な芸能人」2位3位のジャニは?

※ 「社内恋愛の盛んな会社」1位はアノ企業!その恋で注意すべきこと