さすが女優の隠しテク!サラヘアのまま「ボリューム抑える」美髪術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男ウケ抜群のストレートヘアや流行のロブヘア。コテで巻かずに過ごしたいのに、ボリュームやまとまりが気になって結局コテで巻いてしまう……。そんなことってありませんか?

スタイリング剤を髪全体につけるとサラサラ感が失われる上に、なんだか洗っていないようなベトベトな見た目になることも……。

今回は、そんな毛の量が多めの方に、サラサラヘアをキープしながら“ボリュームを抑える方法”を、舞台出演でヘアメイクを学んだ筆者がご紹介します。

 

■1:スタイリング剤を使うのは髪を一段めくった後に

まずは、髪の真ん中あたりから毛先にかけて、洗い流さないトリートメントをつけてください。

次にスタイリング剤です。ボリュームを抑えようと、髪の上からスタイリング剤をつけても意味がありません。下画像のように、髪を一段めくった青い部分にワックスをつけましょう。髪の量が多い方は、二段めくったところにもワックスをつけるとさらに収まりがよくなります。

毛先のボリュームを抑えたいときも、同様に一段めくってからワックスをつけ、仕上げに手に余った少量のワックスを揉みこむと、ふんわり仕上がります。

 

■2:ベトベトするのが苦手な方には隠しピンがおすすめ

ヘアワックスなどベトベトしたものが苦手な方は、ピンを使いましょう。下画像のように、一段髪をめくった部分にピンを留めます。

ピンを留める場所は、頭のハチの部分など、ボリュームを抑えたいところを見つけ、ピンをさすのがポイント。髪の量が多い方は1のやり方と同様に、二段めくったところにも一本ピンをさすと、よりボリュームダウンできます。上から髪をかぶせれば、ピンが見えてしまう心配もありません。

 

髪を一段めくった部分にワックスやヘアピンをしっかり仕込むことで、まとまりのないボリュームヘアとはおさらばできます! ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 勘違いしてる人多数!「髪を濡らして即シャンプー」がNGな理由

※ 切らずに春顔イメチェン!「なんちゃってシースルーバング」の作り方

※ 【動画あり】ボサボサ頭が隠せる!劇的可愛いヘアバンドアレンジ術

※ 脱・枝毛ボサ子!「さらさらロング美女」のさりげな〜いヘアケア3つ

※ ミランダもバッサリ!「春のロブヘア」で失敗しないための3法則

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテ

 

【姉妹サイト】

※ 2位はデヴィ夫人「理不尽な上司になりそう」な女性芸能人1位は?

※ 3位可愛くない2位能天気!男友達からの「誤解NGワード」ワースト3