ネコorイヌ派…お好みは?見つめたらドキッ「惚れられEYE」の作り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは“ネコ顔”と“イヌ顔”を分けるポイントは、顔のどのパーツにあると思いますか?

強い目力が印象的で、小悪魔っぽい雰囲気な“ネコ顔”と言えば、柴咲コウさんや北川景子さんが代表的ですよね。

そしてつぶらな瞳で従順そうなイメージのある、石原さとみさんや加藤綾子さんは、“イヌ顔”と呼ばれるでしょう。

このように、目元の印象だけでも大きく分かれているんです! そこで今回は、美容ライターである筆者が、猫顔と犬顔別に“惚れられアイメイク”をご紹介します。

 

■ネコ顔には跳ね上げ“キャットライン”がマスト

柴咲コウさんや北川景子さんのようなネコ顔に欠かせないのが、キツイぐらいインパクトがある“目力”です。この目元を作るには“キャットライン”という、目尻を斜め上へ跳ね上げるアイラインが必須。

オーバーにアイラインを引くことで、つり目っぽい形がネコ顔の特徴である“猫目”を演出します。

この時、目尻から飛び出すアイラインが長すぎると「パリコレ?」と勘違いされるアーティスティックなメイクになってしまうので気を付けましょう。

また濃い色合いのアイシャドウをキャットラインに沿って外側へのせるよう意識すれば、目に奥行きが出るので、より一層華やかなアイメイクに。

キャットラインは初めてだから失敗しないか不安という人は、アイラインの色をブラックからブラウンに変えるだけで、少し柔らかくなるので挑戦しやすいはずです。

 

■インラインで黒目がち“イヌ顔”に変身しよう

石原さとみさんや加藤綾子さんのように、うるうるした黒目がちなのがイヌ顔の特徴。ネコ顔を作るにはアウトラインを強調するよう、強気に入れたアイラインですが、イヌ顔では真逆の取り入れ方をします!

黒目が大きくなったと錯覚するアイメイクは、粘膜に塗る“インライン”が重要です。まつ毛とまつ毛の間を埋めるように粘膜を塗りつぶすと、目元が黒い印象になり、黒目がちに。

目尻は、自然にアイラインを沿わせるぐらいナチュラルに引けば、たれ目っぽい形に仕上がります。

アイシャドウについて、上まぶたは黒目の上辺りに濃い色味をのせ、下まぶたの目尻側に今度は斜め下方向へ淡く塗れば、よりたれ目っぽさが出るでしょう。

さらに涙袋である、目頭から黒目の下ぐらいまでの下まぶた部分に、パール感のあるハイライトをささっと入れれば、うるんだ瞳の完成です。

 

意中の男性が、動物の猫と犬どちらが好きか尋ねてみましょう。意外に好きな女性のタイプも似ていることがあるかも?

 

【関連記事】

※ 3位で綾瀬&さとみ!? 「オレが女だったらこの顔になりたい」1位は…

※ 奥二重なら黄み系が可愛い!春の「グリーンアイシャドウ」の選び方

※ 長澤まさみに有村架純も!今HOTなモテ顔「たぬき系」メイク3テク

※ 小顔効果も!写真を見てご一緒に「目の疲れスッキリ」ツボ押し一覧

※ 30秒で「目の下のクマ」を撃退!押すだけ簡単…オバ疲れ救済テク

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 「住みたい街ランキング」5連覇だった吉祥寺が2位転落!初の1位は

※ 衝撃!「友達と仲良くね」ママの一言が子どものいじめを助長しちゃうワケ