オエッ…に危険な病気が!? 「吐き気」で知っておきたい6つのケース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でも一度は経験のある“吐き気”。原因がわかってすぐに治まるのなら心配はありませんが、吐き気がきっかけで病気が判明することも少なくありません。

今回は、女性のための医学事典『ウィメンズ・メディカ』を参考に、吐き気によって疑われる病気などをご紹介します。自分に当てはまるものがあるか、チェックしてみましょう。

 

■1:食中毒

食中毒の典型的な症状が、吐き気や嘔吐、腹痛。毒素が体外に排出されれば症状は治まりますが、症状がひどい場合や免疫力の弱い子どもは注意が必要です。

 

■2:消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)

空腹時にみぞおちが痛みだして吐き気を感じることが多いです。また大きなストレスを抱えて胃腸がダメージを受け、それによって吐き気を催す場合もあります。

 

■3:くも膜下出血

くも膜下出血が起きるとひどい頭痛が走り、けいれんすることも。嘔吐を繰り返し、意識が朦朧となったりします。

 

■4:心筋梗塞

胸に激痛を感じ、吐き気に襲われたり冷や汗が流れるのは、心筋梗塞の症状です。くも膜下出血も心筋梗塞も早急な措置が必要なので、ただちに病院へ行く必要があります。

 

■5:月経困難症

月経がはじまると、下腹部痛や腰痛、頭痛などに加え、吐き気が起こることがあります。その症状が強く、生活に支障がきたすような場合を、月経困難症と呼びます。

 

■6:妊娠

最後は病気ではありませんが、妊娠した人の場合。妊娠初期は吐き気などのつわり症状が現れる場合があり、妊娠の可能性を疑ってみてもよいかもしれません。

 

吐き気は精神的なことが原因で起きることも少なくなく、うつや極度の緊張状態などでも起きるものです。そんなときは深呼吸をしたり伸びをして、心と体をリラックスさせるように心がけましょう。

また簡単に体の不調をわかる方法として「親指が痛いと…●●の不調?足ツボ押しで分かる“体の危険なSOS”」「その痛みは…やがて病気を招く心身のSOS!“押すだけ”ストレス診断」がありますので、これらもぜひ活用してみましょう。

それ以外で原因不明の吐き気を感じたり、吐き気が続いたりするなら、早めに医師に相談してくださいね。

 

【関連記事】

※ 医師が警鐘を鳴らす!「卵巣をイジメる」現代人に多い3つの悪習慣

※ 舌と爪をよ~く見て!放置は危険「貧血」チェックポイント10

※ 3日以上なら…立派な「便秘」!放置が危険な理由を専門医が解説

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ テレビマンが暴露!グルメ情報はテレビより雑誌をチェックすべき

※ 放置NG!夫がアナタとの「結婚を後悔している」危険なサイン4つ

 

【参考】

井口登美子・喜多村一幸・島本郁子・森治樹 監修(2003)『女性の〈からだと心〉安心医学 ウィメンズ・メディカ』(小学館)

 

【画像】

※ deeepblue / Shutterstock