イナバウアー&猫ポーズが贅肉にきくぅ!3つの「背中伸ばし」ストレッチ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一度ついてしまうと、そう簡単に落とせなくなってしまうのが、背中のお肉。人は、体を丸めて前傾姿勢になることはあっても、背中側を反らす姿勢はあまり取る機会が少ないため、背中に余計な脂肪がつきやすく、落とすことがなかなか大変なんです。

そこで、今回は背中をぐーんと伸ばせるお手軽ストレッチ法をご紹介しましょう。定期的に行えば、段々背中がすっきりとしてきますよ。

 

■1:イナバウアー

フィギュアスケーターの荒川静香さんが得意のポーズ、イナバウアーは、背中をのけぞらせるため、普段は使わない背中の筋肉を思いっきり伸ばすことができます。

まっすぐ立って両手をまっすぐ上に伸ばし、そこから後方にイナバウアーをするように体を反らしていきましょう。荒川選手のように極端に反る必要はなく、自分が気持ち良いと感じる範囲で無理をせずに伸ばしてください。

このストレッチは、背中だけでなく体の両サイドや腹筋も伸ばすことができて、全身の筋肉を柔らかくできます。

 

■2:猫のポーズ

ヨガにもあるポーズで、猫が伸びをするような体勢を取ります。四つんばいになったら、両手をできるだけ遠くの方に置いて、背中を反りぎみにして伸ばします。

過去記事「たった10秒!2週間で痩せスイッチON“二の腕&背中”バレエエクサ
で同じポーズを紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

 

■3:立ったままできる猫のポーズ

四つんばいにならず、立ったまま外出先のトイレなどでもできるのが、このポーズ。

両足を肩幅程度に開いて立ったら、上半身と下半身が90度になるように腰を曲げて、両手を壁につきます。この状態から、猫のように背中を反らして、上半身を下方向に引っ張るようにします。

肩甲骨を寄せるようにすると、肩甲骨周辺の褐色脂肪細胞も同時に刺激され、脂肪が燃えやすくなるでしょう。

 

背中に贅肉がついていると、後ろ姿がおデブに見えてファッションも恰好よく着こなせません。こんなストレッチを、ぜひ取り入れてみませんか?

 

【関連記事】

※ やればやるほどスラッと美脚!デスクでもOK「むくみ撃退術」

※ お尻が上がる上がる!「30日スクワット」を3日坊主にしない方法

※ 220万回再生の最強ポーズも!1日1分で「痩せる体」3つのエクサ

※ 1日10秒!どこでもできる「二の腕の脂肪カット」脱ぷよエクサ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 金運UPにマツコ!恋愛運はあの芸人「巷で噂の開運待ち受け」まとめ

※ サロンモデルで生計を立てる!? 「1回で2万5千円」稼ぐ…赤裸々な実態

 

【画像】

※ aijiro / PIXTA(ピクスタ)