アスパラの栄養は…根元or穂先?「春野菜3種」食べたくなる豆知識

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーに並び始めた春野菜。春野菜には、冬の間にたまってしまった毒素を排出する効果が期待でき、今の季節に必要な栄養素もたっぷり含まれています。

そこで今回は、ダイエットインストラクターの筆者がおすすめする、体の中から美しくなれる春野菜と、それぞれの効果をご紹介します。

 

春野菜のデトックス効果

春になると体は、寒い時期にたまってしまった老廃物を排出しようとします。そこで役立つのが、春が旬の野菜に多く含まれる“肝臓”の働きを良くする成分。肝臓は、有害な物質を分解して体外に排出する働きを持つことから、春野菜に含まれる成分が、体のデトックスを促してくれるのです。

体の中からキレイになるために、旬の春野菜を積極的に食べましょう。

 

■デトックスに!おすすめ春野菜3選

(1)タケノコ

タケノコに含まれる不溶性の食物繊維が腸を整えてくれます。お通じ対策にもおすすめです。

より効果を高めるためには、タケノコとわかめの煮物がおすすめ。というのも、わかめには食物繊維の一種であるアルギン酸が含まれています。アルギン酸がタケノコの繊維を柔らかくしてくれることで便秘解消、肥満予防効果が期待できるといわれています。ただし、体を冷やしやすい食材なので、冷え性の方は食べ過ぎないように気をつけてください。

(2)春キャベツ

キャベツにはお通じ対策に役立ってくれる食物繊維がたっぷり。更にビタミンCもたっぷり含まれているので、美白効果、シミやソバカスの予防、抗酸化作用、コラーゲンの生成なども期待できます。

キャベツでピクルスを作り、小腹が空いた時のおやつ代わりにするのもおすすめです。

(3)アスパラガス

新陳代謝を活発にするアスパラギン酸が豊富に含まれているアスパラガス。むくみや肝機能を改善させる効果も期待できます。ちなみにアスパラガスの栄養素は穂先に多く含まれていて、根元の部分に比べて2倍程度の栄養素が含まれているとされます。

シンプルに茹でて頂いたり、豆乳などとミキサーにかけて、スープとして頂くのもおすすめですよ。

 

それぞれの季節に体が求める食材を摂って、美しさを手に入れましょう。ぜひこれらの旬な春野菜で栄養をたっぷり摂取しましょう。

 

【関連記事】

※ もはや危険行為!実は太るし生理痛も…「炭水化物抜き」5つの危険

※ 若さを保つ「成長ホルモン」を30代でもドバドバ溢れ出させるコツ

※ アボカドにアーモンド…食べ過ぎは体に毒!美容食材の「適切量」

※ トマトに納豆&豆乳も!せっかくの栄養ぶち壊し「NGな食べ方」4つ

※ 3つの睡眠テクで…最強のながら痩せ!「1日中脂肪が燃える体」に

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 2位狩野英孝に大差!「結婚に向いてないと思う男性芸能人」1位は…

※ えぇっ…そんなのアリ!? 幻滅しちゃう「ホワイトデー」のお返し4つ

 

【画像】

※ shiga masato / PIXTA(ピクスタ)