1日5呼吸!続けた人から「プリッと上向き美尻」になれる最強ポーズ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外セレブの間で、自撮りしたお尻の写真“ベルフィー”をSNSに投稿するのが大流行。日本でも、中村アンさんや小嶋陽菜さん、紗栄子さんらがお尻を強調した写真を投稿し、話題になったこともありますよね。

ですが、我々日本人のお尻は、骨格や筋肉の付き方の違いから欧米の方々と比べてやや貧相……。特に、下記のような生活習慣に心当たりのある方は、ペタンコ・垂れ・セルライト……による“おブス尻”になってしまう可能性が高いので要注意ですよ!

 

■おブス尻を作るNG習慣3つ

おブス尻は、日常生活の中で作られていきます。

(1)猫背

首や背中が丸まり、骨盤にも歪みが生じてお尻の形が崩れます。

(2)女の子座りをする

床に座るとき、足を横に崩した“女の子座り”をしていませんか? この座り方は、骨盤の歪みや後傾を招き、お尻の形を崩す大きな原因になります。

(3)たんぱく質不足

たんぱく質が不足すると筋肉量が低下し、お尻が垂れ下がってたるみます。また、運動不足も同様。お尻の脂肪を支えきれなくなることがないように、適度な運動を取り入れましょう。

では最後に、ヨガインストラクターを務める筆者が、キュッと上がったお尻を作るポーズをご紹介します。

 

■キュッと上がったお尻を作るポーズ(英雄Ⅱのポーズ・鼻呼吸でおこなう)

(1)脚を肩幅2つ分くらい大きく開いて立ち、右のつま先を体の外側に向ける。

(2)両手を腰にあて、息を吸いながら右ひざが90度に曲がるまで腰を落としていく(右ひざがかかとの上にくるように)。

(3)息を吸いながら両腕を肩の高さまで左右に伸ばし、顔を右に向ける。

この状態でゆっくり5呼吸キープしたら、反対側も同じようにおこないましょう(上写真参照)。

 

以上、おブス尻を作るNG習慣と、キュッと上がったお尻を作るポーズをお伝えしました。“ベルフィー”まではいかなくても、水着の季節に自信を持って露出できるように、日頃から意識したいものです。

 

【関連記事】

※ ローラがお手本!夢の「痩せ体質」になる自律神経の整え方

※ 扁平・下垂・セルライト!脱「三重苦ヒップ」ぷりぷり美尻ケア3つ

※ 悲願…お尻と太ももに境目を!お風呂で行う「ヒップアップ」ツボ押し

※ ボコボコ汚尻は手触り最悪!「セルライト」を春までに消す4つの方法

※ 女のヒミツで…彼も驚く!? 「膣トレ」は便秘&尿漏れ対策に有効です

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ やせた自分を想像するだけ!我慢なしに体重減「自己催眠ダイエット」

※ 悲劇…!「ダブルワーク」を選択する社会人67%の悲しい真実とは